みんなの相続Q&A - 円満な遺産相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å††æº€ãªéºç”£ç›¸ç¶šã«ã¤ã„て

キーワード

相続 争続・トラブル 特別受益 遺産分割調停・審判 手続き

相談窓口

円満な遺産相続について

20年前に亡くなった祖父名義のものが親族(祖父の次男の息子・・祖父の次男は既になくなっています)の反対にあって(書類に印鑑を押してもらえない)いまだに父名義になっていません。その父も85才と高齢になりました。相手の言い分はなにがしら財産分与してほしいとのことですが、祖父が生前の時、祖父の次男が家を建てる際に援助していたりなにがしかのお金を与えていたりしているそうなので、財産分与する必要はないとおもうのですが、現在裁判所で調停中です。でも、父も高齢ですので存命中に決着がつかなかったらどうなるのか心配です。どうすれば早く決着するのでしょうか教えていただけるとありがたいです。

質問者taochan さん 質問日2008年6月17日

行政書士の回答

行政書士オフィスぽらいと
専門家行政書士オフィスぽらいと(過去掲載の専門家)
回答日2008年6月26日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

はじめまして。行政書士の財間と申します。

裁判官の判断に従う気持ちがあるのであれば、調停を不成立で終わらせてしまって、審判か裁判で決着をはかることもできます。

ただし、必ずしもご相談者様の納得のいく結果にはならないかもしれません。

あくまでも話し合いで解決したいのであれば、二男の息子さんにいくらか財産分与をすることを提示して、金額交渉されてはいかがでしょうか。

相手が二男の息子さんですので、親の代わりに相続するという意識はあまりないでしょう。

祖父様から二男さんへの資金援助などをアピールしつづけても、それを受け入れて引き下がることはしないと思います。

お父様は財産を分けたくない、二男の息子さんは財産が欲しいのですから、双方ともに歩み寄らなければ早く決着させるのはむずかしいと思います。

今後裁判にもっていくお気持ちがあるのであれば、早めに弁護士にご相談になられることをおすすめします。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

なにがしに関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口