みんなの相続Q&A - 換価分割について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æ›ä¾¡åˆ†å‰²ã«ã¤ã„て

キーワード

相続 遺産分割 不動産の相続 代償分割・代償金 不動産の売却 換価分割 相続権と相続順位

相談窓口

換価分割について

同居中の父が死に母と僕が残りました。母はこの家を売り妹の家族の近くへ引越しを考えています。
当然売ったお金で買う予定です。法廷相続分の二分の一あれば購入できる家ですが、今住んでいる家を売り払ってしまうと僕は家がなくなってしまいます。母が勝手に決める家には一緒に行く気はありません。僕にも四分の一の相続の権利があるからこの家は売却しないでといったのですが、
妹も近くに来てもらい孫の世話をしてもらいたいので大いに賛成しています。契約書にハンコを押さないと言ったら、換価分割というのを考えているみたいです。換価分割は阻止できないというのですが本当でしょうか。

また、僕の相続の権利で抵抗できる手段はありませんか。家だけは父が一生をかけて建てたものなので残したいと思っています。
よろしくお願いします。

質問者麻生 太郎 さん 質問日2010年10月4日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年10月8日

換価分割というのは、あなたの相続分に相当する価額を払う代償金による遺産分割のことと思われます。
それも分割の1つの方法ですから、拒否することは可能です。
あなたが、どうしても、その家を残したいと思うなら、母、妹に逆に代償金を払って、あなた名義にする方法もあります。
それが出来ないなら、仕方のないことです。
その家(土地)は、法定相続分どおりに相続されているので、母の方は、共有物分割請求(訴訟)をすることが出来、その訴訟で話がつかないときは、裁判所は競売を命じ、結局、競落代金を相続分に応じて分けることになります。

弁護士 山城 昌巳

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

ハンコに関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口