みんなの相続Q&A - 少額の遺産相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å°‘額の遺産相続について

キーワード

相続 手続き 異父・異母兄弟 銀行預金

相談窓口

少額の遺産相続について

父が5月に他界しました。年金取引口座に35万円強の預金があり、現在凍結したままです。銀行側の必要書類を提出したところ、前妻との間の子供がいるのでそちらの実印等なければ下ろせないと言われました。前妻と40年以上前に離婚、私の母と再婚、私は実子で一人っ子です。銀行が言うように本籍から前妻の子二人の戸籍をたどりただいま4か所目の市役所で石川県にお一人本籍が移っている所まで調べましたが、限界です。会ったこともなくうまく居場所が分かっても実印等,用意してくれるとも限りません。かといって専門家をお願いするほどの預金額ではないので、母と私の分だけでも下ろせないでしょうか。前妻のお子さんたちの書類なしが前提で、何か方法があれば教えていただきたいです。

質問者なつまさ さん 質問日2010年10月2日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2010年10月3日

銀行に直接,相続分のみ請求するか,前妻の子と連絡を
とって,必要書類をそろえてもらうかのいずれしかあり
ません。

せっかく,戸籍を調べたのですから,最後まで,調査し
て,前妻の子と連絡をとってみたらいかがでしょうか。

銀行への直接請求(訴訟)も,前妻の子への連絡もいず
れもしないというのであれば,35万円は諦めて下さい。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年10月7日

預金は相続開始時に、各相続人の法定相続分どおりに遺産分割されており、また、預金は預けた人にとっては金銭債権であり、それは分割債権なので、相続人は戸籍謄本などで相続人であることを証明すれば、銀行としては、その人の相続分につき払い戻しに応じなければならないことになっています。
全額引き出すには全相続人の印や印鑑証明が必要ですが…。
もう一度、銀行に行って交渉して下さい。
銀行(支店)によっては、その辺りよく分からない人も居ますので。

弁護士 山城 昌巳

弁護士の回答

市ヶ谷駅前法律事務所
専門家市ヶ谷駅前法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年10月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 裁判例では相続分のみの払い戻しが認められているのですが,銀行としては,後々のことを考慮して相続人全員の意思確認を要求するようです。

 前妻のお子さんたちの書類なしという前提であれば,調停や訴訟で銀行に対して相続分の払い戻しを請求することになるでしょう。

弁護士 大熊 裕司

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

前妻に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口