みんなの相続Q&A - 債務者が他界して相続財産を協議中に、担保権者は抵当権実行は可能か

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å‚µå‹™è€…が他界して相続財産を協議中に、担保権者は抵当権実行は可能か

キーワード

相続 不動産の相続 相続放棄 負債・借金 相続財産管理人 相続財産

相談窓口

債務者が他界して相続財産を協議中に、担保権者は抵当権実行は可能か

債務者が生前、自宅を担保にしてある銀行から融資を受けておりました。債務者が他界してしまい、相続人の一人を除いて全員が相続放棄したものの、まだ相続人の一人が相続を決めかねている状況です。
このような状況において、担保権者は債務不履行という理由で抵当権実行できるものなのでしょうか。それとも相続人全員に相続放棄をしてもらった後に、相続財産管理人の申し立てをした後、競売などをするものなのでしょうか。

通常であれば相続人全員が相続放棄をしたわけでないので、相続財産にあたる自宅を抵当権の実行などはできないような気がするのですが。

質問者山田二郎 さん 質問日2010年9月22日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2010年9月22日

相続放棄していない方のみを,債務者(兼所有者)
として,競売の申立てをすることができます。

ただ,申立てをしてから相続放棄をされると,その
のあとの手続が面倒ですから,熟慮期間の経過を
待って,競売の申立てをすることが多いのではない
でしょうか。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年9月27日

担保権者は、弁済期の到来、債務不履行があれば、いつでも抵当権を実行できます。
相続放棄は、担保権実行につき何ら関係ありません。
ただ、放棄しない人が債務を承継するので、自分が払うから実行しないよう話し合いを持つことは出来ます。
但し、その人の支払い能力がないときは、担保権者は実行するでしょう。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年9月22日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

放棄していない相続人がすべての財産債務を相続しますので、その人が返済しなければその人に対して担保権の実行はありうるでしょう。
 又、先順位の相続人が放棄したとき次順位の人が相続人になりますので、同順位の相続人が全員相続を放棄したときは次順位の人にその旨を知らせて、放棄するかどうかの判断ができるようにしてあげるのがいいでしょう。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

競売に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口