みんなの相続Q&A - 相続するにあたって・・・

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šã™ã‚‹ã«ã‚たって・・・

キーワード

相続 遺産分割 遺言と遺言書 手続き 遺産相続の割合

相談窓口

相続するにあたって・・・

二年前に父が他界いたしました。
父は小さな会社を起こしており、生前に長男に会社を任せ、隠居生活をしておりました。
母は居らず、法定相続人は長男、長女(私)、次男の3人です。
生前に会社の運営資金として長男に2500万円を貸していたこと、父が亡くなる8日前に長男が約2000万円を父の口座から引き出していた事を後日知りましたが、それを含め土地家屋の相続を私と次男が放棄して、今現在父の名義で残っている1600万の現金のみを兄弟で3等分するというこで先日やっと協議が成立いたしました。
ところが、今になって父の遺言書なる物が叔父の家から出てきて(叔父は父の2ヶ月前に他界)、その遺言書は金額の詳細が白紙で捺印もされていない未完成の物でしたので効力はないと思うのですが、そこに父の兄姉5人と姪1人に金一封という記載がありました。
見てしまった以上父の意志を無にする事は心苦しく、しかし遺産の大半は兄の名義になったので、今の状態で、この金一封に一体どのくらいの金額で対処すればいいのかがわからず悩んでおります。
ご意見を宜しくお願いいたします。

質問者長女A さん 質問日2010年9月15日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2010年9月19日

父親が,本当に,兄姉らに一定の金額の遺贈を
しようとしていたのかどうかわかりませんし,
ましてや,金額を,どう考えていたかなどは,
推定しようがありません。

何か対処しようとするから,悩むのであって,
何もしないで,放っておくということでいい
のではないでしょうか?

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年9月21日

遺言書のようなものが無効であるとのこと、だとすれば、そこに書かれている「金一封」を考えることはありません。
そもそも、金一封とは1000円でも1万円でも、良いものですから、無視でよろしいかと思われます。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年9月16日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

形式的な不備があるため遺言書としての効果はありません。又、捺印等がない理由としてお父様にその意思がないことが真意であり、無理にあるいはそれに近い状況で書かされたというような場合もありえます。
 しかし、お金を渡したいというのであれば、相続人から相続人以外の人への贈与になりますので、贈与税のかからない110万円以下の金額が一つの目安と言えましょう。それ以上の金額になりますと、もらった人に贈与税の申告と納税が必要になります。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口