みんなの相続Q&A - 取得時効

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å–得時効

キーワード

相続 不動産の相続 固定資産税 養子縁組 異父・異母兄弟 相続財産 相続権と相続順位 時効

相談窓口

取得時効

今年6月に養父(継父でもあり、実父(長男)の弟)が亡くなりました。
実父は昭和21年6月になくなっており、当時は祖父も存命だったため、家督相続はありませんでした。その後、父の弟が母と結婚して家を継ぎ、私は継父の養子となりました。
そのような家庭事情だったため、中学卒業を機に実家を出て独り立ちしておりました。実家には盆暮れ正月以外にも畑の手伝いなどで年に数回顔は出していました。

養父が亡くなり相続財産の整理をしていたところ、実父名義の土地が実家の裏の畑の一部にそのまま残っていることがわかりました。継父はそのことを私に告げないまま亡くなりました。
固定資産税の請求はおそらく実父名義で送られてきていたのではないかと思うのですが、継父が勝手に支払っていたようです。

継父の長男(私の異母弟)が実家の敷地内に住んでおります。実父名義の土地が自宅と裏の畑を含む敷地のちょうど中程にあるため、是非譲ってほしいとのことでしたが、突然態度を変え、取得時効で養父に土地の権利があると裁判所に申し出たようです。

お伺いしたいのは、
①養子の財産となるものを養親が取得時効することができるのでしょうか?民法には「他人の財産」と規定されているようですが、この場合親子は他人になるのでしょうか?

②養父はすでに亡くなっており、所有の意志を持って占有していた事実の確認はできないように思うのですが、固定資産税を支払っていたことから、そのように解釈できるのでしょうか?

③取得時効を裁判所に申し出たようですが、そのことは裁判所から土地の権利者(実父名義のまま登記されており、相続人は当時の財産相続によると子供(私と妹2人))には知らされないのでしょうか?
公告等で掲示されるのでしょうか?

他にも疑問点は多々あるのですが、うまく質問ができません。お気づきになることがあれば、教えていただけると助かります。

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

質問者とし さん 質問日2010年9月12日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年9月15日

①について
実父名義の土地は、実父が亡くなったときは、その相続人が相続したことになっています。(その登記が未了にすぎない)
したがって、異母弟からすると、他人の土地となります。

②について
土地を占有している事実状態は、「占有者は、所有の意思をもって、善意で、平穏に、かつ、公然と占有するものと推定」されます。(民§186.1項)
ここで推定とは、反証ない限り、その事実が、裁判上認められるということです。
固定資産税を叔父が払っていたという事実は、所有の意思があったことを、推定させるものでもあります。

③について
訴訟(裁判)は、時効取得を原因とする所有権移転登記の請求と思われ、その相手方は、①に記したとおり、実父の相続人ですから、当然その人達に、訴状副本が送達される筈です。

弁護士 山城 昌巳

弁護士の回答

市ヶ谷駅前法律事務所
専門家市ヶ谷駅前法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年9月13日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

①の点については、「他人の」というのは例示であって、自己の物であっても時効によって取得することがあり得る場合もあるので、親子であっても「他人の」物ということになります。

 ②の点については、固定資産税を支払っていたことのみで必ずしも所有の意思をもって占有していたということにはなりませんが、所有の意思があったという有力な材料にはなってしまいます。通常は所有の意思をもって占有していたと判断されることが多いように思われます。

 ③については、所有権の名義を移転する登記を行うにはもともと登記の名義人だった人(登記義務者)とこれから登記の名義人になろうとする人(登記権利者)が共同して移転の登記の申請をするのが原則ですが、裁判で時効による所有権取得が認められると登記権利人のみで申請ができることになります。
 なので、ご相談者様に知らされるということはないのですが、そもそも時効により所有権を取得したというのを決める裁判の相手方がご相談者様になるはずです。

 継父のご長男様が養父様に土地の権利があると裁判所に申し出たというのは、遺産分割の調停か何かでしょうか?詳しい事情はわかりかねますが、いずれにせよ、裁判所の手続で異議を申し出る必要があると思われます。

弁護士 大熊 裕司

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口