みんなの相続Q&A - 相続税の納付額について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šç¨Žã®ç´ä»˜é¡ã«ã¤ã„て

キーワード

相続 小規模宅地の特例 相続税 不動産の相続 手続き 贈与・生前贈与

相談窓口

相続税の納付額について

相続人が2名以上の時に、土地について路線価総額でほぼ等分に分割し、また現金を含むその他財産もほぼ等分に分割した場合、小規模宅地特例等の減価により計算上、相続人各人の納付税額が変わってしまいます。 相続人の間の交渉かもしれませんが、実際の納付についてはどの方法が一般的ですか? ① 各人の納付額を支払う ② ほぼ均等に分割したのであるから、納付額もほぼ均等にする。この場合、相続人の間で贈与は発生しますか? 

質問者四元 輝球 さん 質問日2010年9月11日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年9月14日

①の方法が普通です。
②の場合、相続人の1人が本来払うべきではない税金を他の相続人の為に払う(税務署は、あなたからは受け取れず、もう1人の相続人の税として受け取る)わけですから、その分贈与となるでしょう。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年9月12日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 ①が正解です。
 ②にする場合には、遺産分割協議書において納付税額の少ない人から多い人に対し代償金として差額分を支払う旨の記載が必要です。それがないと別の取引として贈与税の対象になるものと思われます。
 相続税の課税は評価額であり、すべて時価で平等に取得したいと考える場合には常にこの問題が生じますが、あまり厳格にしている人は少ないようです。
 税理士 高山秀三
 

弁護士の回答

市ヶ谷駅前法律事務所
専門家市ヶ谷駅前法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年9月14日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

小規模宅地の特例は被相続人が居住していたとか、事業を営んでいたところを引き継ぐ方にその後の生活保障であったり、事業承継負担減の為の措置であるので、引き継いだ方の相続税額が減額されてもそのままの額で納付する方がほとんどです。

納付額を均等にした場合は何もしなければ贈与とみなされる可能性が高いです。

弁護士 大熊 裕司

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

等分に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口