みんなの相続Q&A - 相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šã«ã¤ã„て

キーワード

相続 遺言と遺言書 不動産の相続 相続放棄 負債・借金 相続財産 財産目録 遺言書の検認

相談窓口

相続について

6月の中旬に父が亡くなりました。
相続人は母(妻)と子供二人です。
両親は長年別居しており、父は内縁の女性と生活していました。
遺言書が見つかり、検認の手続きは終わっています。
遺言書には『内縁の女性にマンションA(いつ購入したのか?などの詳細はわかりません)を遺贈する』としか書かれていませんでした。遺言執行者の記載はありました。
私達が把握している財産は、現在母が住んでいるマンションBのみです。
相続をするにあたって財産目録?!を作成しなければいけないと思うのですが、それは遺言執行者が行うのですか?
また、遺言書に書かれていない財産はどのような扱いになりますか?
もしマンションAの購入時の借り入れがある場合、私達が支払う事になりますか?
万が一、相続放棄をするとしたら、申し立ての期限まで余裕がないために少々あせっています。
乱文ですが、ご回答いただけると幸いです。

質問者yama さん 質問日2010年9月3日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2010年9月4日

マンションBは、遺言の対象外ですから
遺言執行者は無関係です。
相続人間で、遺産分割協議をして下さい。
マンションAの購入時の借入れは、被相続人の
債務ですから、相続人が相続します。
相続放棄をするかどうかは、マンションBと、
相続債務の比較だけでなく、マンションAの
遺贈について、どれくらい遺留分減殺できるか
という点も忘れないようにしてください。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年9月6日

内縁の妻は相続人ではないので、被相続人(父)の債務は相続しません。相続人がこれを相続します。
相続放棄の期間は3ヶ月と短いですが、債務と資産のバランスを調査するのに、例えば、あと6ヶ月必要だとして、延長の申立を家裁に出して、延長してもらうべきです。
遺言書に書かれてない財産は相続人間の話し合いで、その帰属を決めることになります。(遺産分割協議)
これに関し、調停を申立てるなら別ですが、話し合いで決まれば、特に財産目録を作成する必要はありませんし、遺言執行者は、遺言を執行するだけで、遺産分割には何の権限もありません。
マンションAにローンが残っていると、その支払いは相続人に来て、マンションの所有権は内縁の女性に行くことは、不公平であり、他方、その場合は、抵当権がついているので、後々問題が残ります。
しかし、その為にも、マイナスとプラスの財産の関係を調査しなければならないので、今は先ず放棄の期限延長をしてもらうことです。

弁護士 山城 昌巳

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

検認に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口