みんなの相続Q&A - 祭祀財産の継承について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç¥­ç¥€è²¡ç”£ã®ç¶™æ‰¿ã«ã¤ã„て

キーワード

相続 遺言と遺言書 遺言執行者 公正証書遺言 相続財産 祭祀財産・お墓

相談窓口

祭祀財産の継承について

霊園の使用権継承に関して質問させてください。

9年前に祖母が他界した際に公正証書で遺言を作成しており、その中で祭祀継承者として長男である私の父と二男の叔父の両名が指定されています。また、遺言施行者として叔父が指定されています。
祖母が他界した際、霊園への納骨の関係から叔父に断りなく霊園の使用権を祖母から父へと継承する手続きを行ったのですが、そのことで叔父と揉めています。叔父は、
①祭祀継承者として両名が記載してあるにもかわらず、父が霊園の使用権を勝手に継承したことは問題である。
②遺言執行者たる叔父に断りなく財産を処分したことも問題である
と主張しています。私の認識としては、
①に関しては、両名で話合い、それでも解決できなければ家裁で判断してもらう
②に関しては、祭祀財産については、相続財産の範囲外であるため、遺言執行者の立場から何か言われる類の話ではない
と考えておりますが、この認識で正しいでしょうか?

実は最近父が他界し、こういった事実を叔父より知らされた次第です。叔父は、父亡き今は祖母の遺言執行者として、霊園の使用権を叔父に継承する手続きを取ると言っているのですが、遺言執行者にそこまでの強制力があるのでしょうか?私としては、父の祭祀主催者として、祭祀財産である墓を引き継いで行きたいと思っております。

以上2点に関し、ご相談させてください。
よろしくお願いいたします。

質問者鈴木 カツシ さん 質問日2010年8月31日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年9月1日

①については、両名が継承者として手続きすれば済むことです。
家庭裁判所に持ち込んでも、家裁は遺言のとおり決定するでしょう。

②については、遺言執行者は、遺言に書かれてあることを執行するのであり、財産についてのみということではありません。

尚、父1人が祭祀主催者となることは、被相続人の遺志に反し、他の相続人との争いが生じる種となるでしょう。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年8月31日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 遺言施行者の権限は絶大です。
①祭祀は二人で維持するというのであれば、そうしないといけなかったのでしょう。祭祀財産は(お墓等は)相続税の課税対象財産ではありませんが、相続財産であることには変わりがありません。
②は叔両家で維持することになるのではないでしょうか。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

家裁に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口