みんなの相続Q&A - おばの預金の相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ãŠã°ã®é é‡‘の相続について

キーワード

相続 手続き 銀行預金

相談窓口

おばの預金の相続について

先月、おばが亡くなりました。おばには子供はいません。
ところが、おばの弟の娘(私の従姉妹)がいつの間にかおばの預金通帳を相続していました。
おばの甥や姪なら私もそうですし、何よりおばの兄である私の父はまだ健在です。
預金通帳の相続というものは相談もなしに簡単にできてしまうものなのでしょうか。
また、今後はどういう対応をとればよいのでしょうか。

質問者さとう さん 質問日2010年8月31日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年9月1日

預金通帳はただの紙ですから、預金を相続したということでしょう。
しかし、おばの弟の娘には、おばの相続権はありません。
遺言か何かで、おばがその娘さんに贈与したということでしょう。
おばの親が居ない場合は、その兄弟姉妹が相続人です。
兄弟姉妹には、遺留分権もないので、その娘への贈与が適法なものであれば、どうすることも出来ません。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年8月31日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

おばさんの相続人は夫と兄弟姉妹(亡くなっているときはその子である甥・姪)です。
 おばさんの生前に引き出して名義を変更している場合は生前贈与として、又、亡くなられたことを銀行等に知らせないでカード等で引き出しているときは正しいやり方ではありませんが可能です。この場合はその財産は相続財産となります。生前贈与の場合も遺産分割の時には考慮します。
 しかし、亡くなられた後は相続人全員の印鑑証明、実印、署名がないと名義変更はできないはずです。
 不動産や預貯金は相続人全員の実印、印鑑証明書、署名がないと相続手続きができませんから、財産リストをもらって分割できるよう話し合ってください。
 納得しない間は安易に実印の押印や、署名、印鑑証明渡さないことです。
 税理士 高山秀三

弁護士の回答

市ヶ谷駅前法律事務所
専門家市ヶ谷駅前法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年9月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺言書の有無について調べてみては如何でしょうか。

叔父様の娘さんが相続人かどうかご質問の内容では分かりかねますが、叔父様がご健在であれば相続人ではないので、遺言書がない限り相続されません。

遺言書がある場合、その遺言書が公正証書遺言でなければ家庭裁判所での検認が必要ですので、その手続きをとっているかどうか調べるのも1つの方法です。

遺言書がない場合は相続人の間で話し合う必要があります。


弁護士 大熊 裕司

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

従姉妹に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口