みんなの相続Q&A - 家族・親族以外への贈与について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å®¶æ—ãƒ»è¦ªæ—ä»¥å¤–への贈与について

キーワード

相続 相続の対策と準備 生命保険金・各種保険等 遺贈 銀行預金 贈与・生前贈与 手続き

相談窓口

家族・親族以外への贈与について

独身にて家族は居らず、普段は遠い親戚達との付き合いもない為、今後自分に何かあった場合は親しい友人に後のことを託したいと思っております。
生命保険は受け取り人を指定出来るので友人指定で手続きしております。
預貯金なども友人に渡るようにして遺品整理などお願いしたい場合
事前にどういう手続きを済ませれば、トラブルなく、付き合いのない法定相続人の親戚へ一切残った金品が行かないで、速やかに友人が受け取れるでしょうか。

質問者しろく さん 質問日2010年8月27日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年8月31日

法定相続人は、第1に配偶者、子供、これらの者が居ない場合は、第2に親(直系尊属)に、第3に兄弟姉妹になります。
被相続人が全財産を第三者に贈与した場合、第1の相続人は法定相続分の1/2、第2の相続人は1/3の遺留分権を持っています。
あなたの場合、直系尊属が既に亡くなっていると、遺留分権者は不存在なので、生前にそのようにしておくか、遺言書を作って全遺産を友人に贈与しておけば、法定相続人には、一切相続されないことになります。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年8月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺言書(できれば公正証書遺言)を作成し友人にその旨伝えておけばいいでしょう。但し遺言書を書いたとしても、相続人には遺留分の請求権がありますので、100%友人にいかない可能性も残ります。(ただし、相続人が兄弟姉妹及び甥姪のときは遺留分の請求権はありませんので貴方の意思どおりになります。
 高山秀三

弁護士の回答

市ヶ谷駅前法律事務所
専門家市ヶ谷駅前法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年8月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続順位については、簡単に
 第1位 配偶者、子供(孫)
 第2位 配偶者、父母(祖父母)
 第3位 配偶者、兄弟姉妹
となっています(配偶者以外でその順位の方がいらっしゃらなければ次の順位になります)。しろく様のご親戚にこれに当てはまる方がいらっしゃればその方が相続人です。

それ以外の方(ご質問ではご友人)にその財産が渡るようにするには遺言か、生前贈与になります。

遺言の場合でも生前贈与の場合でも相続時に上記相続人の方から遺留分を請求される可能性がございますが、第3順位の兄弟姉妹にはその権利がありません。

贈与の場合は財産の額によっては相続税がかからない財産についても贈与税はかかるかもしれませんので、ご注意ください。

弁護士 大熊 裕司

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

金品に関連する相続Q&A
  • 内縁の妻に
    私の弟が10年以上同棲をしており、結婚はしていません。  ...
  • 銀行の貸金庫
    亡くなった叔父が銀行の貸金庫を借りており、そのカギとカードは同じ会社の同  ...

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口