みんなの相続Q&A - 昭和21年6月発生の相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æ˜­å’Œ21å¹´6月発生の相続について

キーワード

相続 相続税 不動産の相続 手続き 土地の名義変更 相続登記

相談窓口

昭和21年6月発生の相続について

昭和21年6月に亡くなった祖父名義の土地が一筆あることが最近わかりました。
登記名義は祖父のままです。
相続人は直系卑属の子供3人(父と叔母2人)になると思いますが、当時長子である父は7歳で相続税が支払われているかわかりません。
土地は登記簿上の地目は畑、現況も畑、面積は430平米ほどです。市街化区域でセットバックした2項道路に面した間口10m奥行き40mの形状です。
昭和21年は相続に関する法律も臨時法が適用されるようなのですが、評価額的に相続税が課税されるかもわかりません。
この土地を相続登記しようと考えていますが、ご相談したいことが2点あります。
1点目は、相続税を支払うことになるのでしょうか?
2点目は、叔母が1人亡くなっているので、現時点での相続人は、父(1/3)、叔母(1/3)、亡くなった叔母の配偶者(1/6)と娘2人(各1/12)になると思うのですが、相続登記は共有とする場合現在の相続人で登記するのでしょうか?それとも当時の相続人名義で一旦登記し、亡くなった叔母の分についてその相続人を、再度登記する形になるのでしょうか?
お手数をおかけしますが、教えてください。

質問者とし さん 質問日2010年8月25日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年8月26日

1.相続税については、50年以上も前なので、仮に支払うべき相続であっても、時効消滅しています。

2.この相続は、旧民法施行時代の相続ですが、家督相続人の指定などの手続がとられていないので、新法が適用されます。
亡くなった叔母の名では登記できませんので、その相続人が1/3を相続していますから、おっしゃるとおりの持分割合で登記することになります。

弁護士 山城 昌巳

弁護士の回答

市ヶ谷駅前法律事務所
専門家市ヶ谷駅前法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年8月26日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

>相続税を支払うことになるのでしょうか?
ご祖父様名義の土地がそのまま残ってしまった経緯が分かりかねますので、はっきりとはお答えできませんが、税務署から督促がきているのであれば、税務署に聞いてみてはいかがでしょうか。

>相続登記は共有とする場合現在の相続人で登記するのでしょうか?
分割が現時点での分割になりますので、亡くなった叔母様の分についてはその叔母様の相続人(現時点での相続人)での登記となります。

弁護士 大熊 裕司

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

直系卑属に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口