みんなの相続Q&A - 財産の遺留分について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > è²¡ç”£ã®éºç•™åˆ†ã«ã¤ã„て

キーワード

相続 遺留分 不動産の相続 相続放棄 遺留分減殺請求 土地の名義変更

相談窓口

財産の遺留分について

 死亡したAさんから土地・建物の遺産を頂く事になりました。生存しているAの姉(B)より「Aの立っての願いですから」と、亡くなる前にAがBに電話で話をお願いしていたそうです。お通夜・葬式の日にC(Aの弟)とBの間で話し合いが行われ、結果、私に土地・建物を譲る事を承諾されました。Bは裁判所で相続放棄しています。Cは書類が出来たら、ハンコは押すよとなっています。が死亡しているAの兄弟(3人)の子供(7名)から現在、遺留分分の現金をくれと言われましたが、死亡した兄弟の子供が遺留分を請求できるのですか?誰が支払義務者になるのですか?教えてください。

質問者ひよこのママさん さん 質問日2010年8月19日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年8月23日

被相続人の兄弟が相続人である場合、その兄弟もしくはその子に遺留分はありません。
遺留分を請求する相手は、他の共同相続人、或いは遺言により遺贈もしくは死因贈与を受けた者です。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年8月19日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 曖昧な質問で回答ができかねます。
貴方とAの関係はどのような関係か、遺言書があったのかなかったのか、なかったとすれば、家庭裁判所に申し出て特別縁故者として財産を請求し取得するのか。
 遺言書がなかったとすれば、相続人全員が放棄しない限り貴方は縁故者としての取得はできませんから、一旦相続人が相続し、その人から贈与でもらうことになるでしょう。
 遺言書面があったとすれば兄弟姉妹以下には遺留分がありませんが、お尋ねの件はその問題とは違い、相続人から贈与でもらうということになるのではないでしょうか。
 税理士 高山秀三
 税理士 高山秀三

弁護士の回答

市ヶ谷駅前法律事務所
専門家市ヶ谷駅前法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年8月19日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 ご質問の内容だけからは断定することはできないのですが、亡くなったAさんにお子様や配偶者の方はいらしゃらなければ、相続人はBさんやCさん、そして他のご兄弟ということになり、ご兄弟の方が既に亡くなっていればそのお子さんが相続人となります。
 しかし、兄弟姉妹にはそもそも遺留分がないので、兄弟姉妹のお子さんが相続人の場合も同様に遺留分はないことになり、『死亡した兄弟の子供が遺留分を請求できる』ことにはならないということになります。

弁護士 大熊 裕司

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

ハンコに関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口