みんなの相続Q&A - 遺産分割に関する文書の有効性について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£åˆ†å‰²ã«é–¢ã™ã‚‹æ–‡æ›¸ã®æœ‰åŠ¹æ€§ã«ã¤ã„て

キーワード

相続 遺産分割 遺産分割協議 相続権と相続順位 代襲相続

相談窓口

遺産分割に関する文書の有効性について

祖父(S28年死亡)の遺産分割です。法定相続人はその子供兄弟8人です。遺産分割協議が決着しないまま父がH11年に死亡

① よって、父の相続人である配偶者の母と子供(私)が祖父の遺産を引き継ぐ権利があると思うのですが、正しいでしょうか? 私には祖父の遺産の権利がないと言われたことがあります。

② 権利があるとして、母がH13年に長兄(S50年死亡)の長男(私とは従兄)宛てに“遺産処理に関する取り決め事項”という文書に署名捺印しています。文書には私の署名もありますが、私の自署ではなく母が代筆したものと思われます。
印鑑も私の名字ではなく、実家の旧姓の判で押印されています。私はこの文書の内容には納得していないのですが、それでもこの文書は有効になりますか?
母もH18年に亡くなりました。

③ 相続人の一人が他の相続人に個別に相続内容を取り決めする(他の相続人には各々どのように分割するかを教えない)ことは有効でしょうか?遺産分割協議は全員の合意が必要だと思いますが。
  
以上宜しくお願いします。


















質問者カフェラテ さん 質問日2010年8月19日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年8月23日

①そのとおりですが、相続分は父の分に限られます。
父が生きている場合、孫には相続権はありません。

②あなたが納得していないなら、母が代わりに署名押印した文書は、あなたに関しては無効です。

③個別の合意をとって、それが全体の合意となれば、有効です。
個別の合意に関し、欺しや錯誤があれば別です。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年8月19日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 祖父は父方の祖父として回答します。
①祖父の遺産は相続人として資格のある人が全員で分割協議をしますので、父の相続人全員が遺産分割協議に加わり、協議の結果で合意した財産が取得できます。(但し、お父様が亡くなられる前に、お父様が分割協議に加わって分割協議が済んでいる場合は相続できなくなっている可能性はあります。)
②あなたが未成年であったり、連絡不能であったりした場合などには、特別代理人として親権者等が署名押印する場合があります。
③分割協議は全員の合意が必要です。実印や印鑑証明が必要でしょうから勝手にはできないでしょう。
 いずれにしても時間がかかりすぎており、実態がよくわかりません。お近くの税理士等に面談でご相談された方がいいでしょう。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口