みんなの相続Q&A - 親の扶養に対する相続の考慮はあるのか?

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > è¦ªã®æ‰¶é¤Šã«å¯¾ã™ã‚‹ç›¸ç¶šã®è€ƒæ…®ã¯ã‚るのか?

キーワード

相続 贈与・生前贈与 遺産分割 遺産分割協議 不動産の相続 特別受益 寄与分 遺産相続の割合

相談窓口

親の扶養に対する相続の考慮はあるのか?

 男3人兄弟の長男ですが、父がなくなり今後遺産分割協議を行うことになるので、次の点についてお教え願います。
 なお、父の遺産は、生前から同居していた宅地(住宅は私名義)と田畑の土地のみです。

①生前、父が弟2人に貸与した会社運転資金やローンの返済金は生前贈与とみなされるのか?
金額は知っているが書類は残っていない。

②弟2人は、「両親を扶養するのは同居している長男のつとめ」と云うが、親の扶養義務も果た さず法定の相続分は当然と権利を主張している。
見返りを求めて親の面倒を見て来た訳では無いが、苦労して来た女房の事を思うと、今回の相 続で何かプラスになる要素があれば教えていた だきたいと思います。

質問者横田 さん 質問日2010年8月12日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年8月19日

①について
それは、生前贈与です。
書類の有無は、その事実を弟が否認した場合、証拠の有無という問題です。

②について
子は親に対して扶養義務があるので、相続法にいう寄与分には当たらない。
しかし、弟2人にも同様に義務があり、これを果たしていないならば、あなたに比して、その分得したことになります。
法的には、弟に対して不当利得返還請求権があると考えられます。
これを主張して、遺産分割協議もしくは調停で、有利というか公平な結果を求めることは出来ます。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年8月12日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

①貸付金として相続財産と考えるか、生前贈与と考えるかは、当事者の契約関係によります。
 貸付金であれば返してもらって相続する(両建て)になりますが、贈与であれば、特別受益として遺産分け時に考慮されます。

②親と同居した場合はメリットもありデメリットもあります。奥様の苦労は弟さんに説明していくらかの差をつけることを了解されればそれも可能ですが、弟さんが楽に過ごせたと考えればそれも貴方の喜びでしょう。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口