みんなの相続Q&A - 父の遺産相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > çˆ¶ã®éºç”£ç›¸ç¶šã«ã¤ã„て

キーワード

相続 不動産の相続 相続放棄 負債・借金 連帯保証人 銀行預金 土地の名義変更 贈与税 贈与・生前贈与

相談窓口

父の遺産相続について

父が昨年他界し、父が経営していた会社を私が代表取締役となり引き継ぎました。会社には借金が6000万ほどあり(父は連帯保証人)ましたが、父個人が所有していた預金と土地(銀行の担保にはいってます)合わせて同額程度ありましたので、相続放棄せず、私と弟(弟は会社の経営にはタッチしていませんが、会社の株式を1/10もっています。)で相続しました。その相続の際、銀行からの借入について、私のみ連帯保証人となりました。そこで質問ですが、①弟は連帯保証人にはなっていませんが、会社の借金も相続により引き継いでいるので、私と同様法律的に債務を負っている認識で間違いないかどうか ②①の認識で正しければ、弟の債務を帳消しにする代わりに、弟の土地を渡し名義に変えても法律上も税金上も問題ないか とにかく弟との関係を清算しておきたいのでアドバイスお願いします。

質問者ヤマナ さん 質問日2010年8月3日

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年8月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 文面からは質問の趣旨が良くわかりません。会社の借入金は会社の株を相続するときに、株価に反映しています。又会社の借入金及び連帯保証していることは、会社が困難な状況にある場合以外は個人には直接関係ありません。
 会社を引き継いだということは株式の大部分50%超を相続されたということでしょうか。
①連帯保証していることは主たる債務者である会社が通常通り営業しているとき、個人にはなんら関係ありません。会社の借金も引き継いでいるとはどういう意味でしょうか。
 会社が順調に営業している限り保証していることはなんら関係ありません。
 お尋ねの意味がよくわかりませんので十分な回答はできません。個人と会社の関係などは会社の関与税理士等にご照会ください。
 税理士 高山秀三

弁護士の回答

市ヶ谷駅前法律事務所
専門家市ヶ谷駅前法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年8月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

具体的な事情は分かりませんが、弟さんは担保が付いている土地を相続したと解釈してよろしいのでしょうか。

弟さんは債務を負っているわけではなく、土地の名義を弟さんから移すことになると債務の清算も関係ないので贈与税がかかります。

ただ、目的が弟さんとの清算であればその贈与税の負担が許容範囲内か否かは要相談です。

あると法律経済綜合事務所
弁護士 大熊 裕司

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

連帯保証人に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口