みんなの相続Q&A - 死因贈与契約

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æ­»å› è´ˆä¸Žå¥‘ç´„

キーワード

相続 遺言と遺言書 死因贈与契約 贈与税 公正証書遺言 贈与・生前贈与 名義変更

相談窓口

死因贈与契約

60歳過ぎのきょうだい3人で一軒家の借家に住んで12年になります。大家さんとは家族付き合いの間柄で、最近、高齢で体調も良くなく子供も居ない為、元気な内に名義を我々3人に移したいとの事、この12年間に家賃として支払った総額は1100万円余りです。あと300万円を支払えば名義変更を行うそうですが・・・
いろいろ調べたり、聞いたりしましたが、家賃代は家賃であり、買値と実際の評価額との差が余りにも大きく贈与税は免れない事が分かりました。それも巨額になる事も分かり、
知人等に相談したところ、死因贈与契約、死因贈与、公正証書遺言等を調べて頂きました。この中で(死因贈与契約)に関して、具体的にどの様にするのでしょうか?。また一番の要は先々で名義変更になった場合、多額の税金が来るのでしょうか?。おおよそどの程度の額になるのでしょうか?
尚、物件は、坪70~80万の土地30坪に、築40年位です。土地・家屋共です。
  我々3人は年金生活故、300万円はなけなしの金額です。
何卒、良き回答を宜しくお願い致します。

質問者政憲ペンネームで結構です さん 質問日2010年8月2日

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年8月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 死因贈与に対する課税関係は遺贈とみなされますので相続税の対象となりますが、基礎控除5000万円以下ですので、税額は算出されないものと思われます。
 死因贈与は契約ですから、当事者で贈与契約を締結しますが、それには、死亡したときは不動産を贈与する旨の文書を作成します。
 文例はたいていの書籍に出ていますし、インターネットでもサンプルは容易に見ることはできます。
 税理士 高山秀三

弁護士の回答

市ヶ谷駅前法律事務所
専門家市ヶ谷駅前法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年8月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

おっしゃるとおり、贈与になりますと贈与税が多額に発生します。

死因贈与の場合、現行の相続税法では遺言による遺贈と同じ形で相続税が課されます。

ただ、メールだけではその大家さんの相続財産がどれだけあるか確定できません。
他に相続財産があるのであればそれに併せて相続税額を計算することになります。

仮に大家さんの相続財産が他にはなく、相続財産の総額が基礎控除(5000万円)以下である場合には相続税額は発生しません。

あると法律経済綜合事務所
弁護士 大熊 裕司

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口