みんなの相続Q&A - 父親の遺産について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > çˆ¶è¦ªã®éºç”£ã«ã¤ã„て

キーワード

相続 遺留分 不動産の相続 葬儀費用 遺留分減殺請求 銀行預金 相続権と相続順位

相談窓口

父親の遺産について

先月の半ばに父が他界しました。
少し前から実家より離れたところに住んでいた私へ
母から「帰ってきて欲しい」と言われていたのですが
現在夫と離婚調停中で、夫が生活費を不払いしているため
帰省費用がなくて調停でも調停委員には「大好きな義父なので帰省費用は出します」
と連絡を頂きましたが亡くなった現在も帰省費用の援助は無く、その上生活費も減額して帰省できないようにされてしまいました。
そのことを母に告げ帰省費用を出してくれれば帰ると
話したら「友達から片道分を借りて帰ってきなさい、娘の事は相手にあげて離婚届を置いて帰ってきなさい」とまるで自分たちが大変なので父の面倒を見させるために帰ってこいと言わんばかりで喧嘩別れのような状態のまま父が亡くなりました。
父が無くなったことは母から私の携帯に連絡はありましたがその後葬儀の日程等は連絡が来ませんでした。
私には姉と弟がいます。父には現在の自宅の他にもう1件自宅を所有しそこには養祖母が住んでいます。
預金もそこそこ合ったと思いますが、連絡が無いままで無くなる前に現金化して3人で分配したと思います。そういった場合私には遺産相続人として請求はできないのでしょうか?

質問者ともちゃん さん 質問日2010年8月1日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年8月5日

あなたも、亡父の法定相続人ですから、当然に権利があります。
父の生前、父の意思で、不動産を売ってその代金を他の相続人3人で分けたとすれば、それは、生前贈与となり、遺産分割に際しては、その分を遺産に加えて、分割協議することになっています。
もし、彼ら3人が無断で売却したとすれば、不法行為ですし、その売却行為は無効でもあります。
したがって、あなたとしては、自己の相続分の額を3人に返せ(不当利得返還請求)という権利があり、また、買主に売買は無効だから返せという権利があります。これは相続人を代表して行う行為です。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年8月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 お父様の財産は遺言書がないときは、相続人全員の同意(遺産分割協議の成立)がないと勝手に貴方抜きで分けることはできません。
 推測によるご質問には答えできにくいのですが、不動産処分、預貯金の名義変更・処分は貴方の実印、印鑑証明等がないとできませんので、よく聞いてみてください。
 又、遺言書があった場合には法定相続分の1/2が遺留分としてありますので請求することで回復できます。又、銀行等でお父様の生存中に引き出しているときは、銀行の取引明細を見せてもらえば知ることができますが、親族にお聞きになった方が近道です。
 実家との連絡をもう少し密にされておかれるべきでしたが、良く話してもらえるよう親族間の関係修復に努力されるべきでしょう。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

調停に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口