みんなの相続Q&A - 相続人であることを知らなかった

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šäººã§ã‚ることを知らなかった

キーワード

相続 不動産の相続 葬儀費用 代襲相続 銀行預金

相談窓口

相続人であることを知らなかった

1年半前に叔父(Aとする。)が亡くなりました。私の亡くなった母の弟にあたります。叔父Aは離婚経験があり子どもはいなかったようです。

遠方に住んでいることもあり、色々あり、私は葬儀には出席しませんでしたが、私の父と兄は出席しました。葬儀やその後の取り仕切りは叔父の弟(叔父Bとする。)が一切を面倒見てくれました。叔父Aの両親は既に他界、兄弟はこの叔父Bと亡くなった私の母ともう1人の姉(既に他界)なので、私はこの叔父Bが唯一の相続人だと思っていました。

今回、ある事情から私や兄も亡くなった母の代襲相続人となっていることがわかりました。この場合、「知らなかった」では通じないのでしょうか?ただ、叔父Bは知っていたようです。死亡時の叔父Aの借家の処理等は叔父Bが既にやってしまっているようです。銀行口座などはわかりません。(大した財産はないと思います。田舎者の『善意』と解釈したいところです。)

今回の「ある事情」とは、叔父Bだけでは処理ができずに残っている土地(二束三文かと)の処分にからんでのことです。

質問者パピヨン さん 質問日2010年7月29日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年8月2日

質問は何ですか?
遺産の処理は、全相続人の同意(書類的には署名、実印、印鑑証明書)が無いと出来ないものです。預金は、まだ生きていることにして処理(解約、引き出しなど)することがよくあるようですが…。
不動産は、そういうことが出来ないので、叔父Bだけで処理できないのは当然です。そのうち、あなた方に署名、押印してくれと言ってくるでしょう。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年7月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

おじさんAの相続人は、おじさんBと貴方とお兄さん、亡くなっている伯母さんの子供です。
 ご質問が記載されていませんが、不動産の相続手続き、銀行預金等の相続手続きには、相続人全員で遺産分割協議書を作成し、署名、実印の押印、印鑑証明書、戸籍謄本添付で相続人の遺産分けの意思表示をしなければなりません。(特別受益証明書を提出する略式の方法も可能性としてはありますが、遺産分割協議によるのがいいでしょう。)
 名義変更等の相続手続きがスムースに終わるよう必要な書類等の提出に協力してあげることでしょうが、財産が多いときは遺産の要求あるいは費用実費の請求をされてもいいでしょう。あなた方の気持ちしだいですから良くBさんと話し合ってください。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

二束三文に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口