みんなの相続Q&A - 相続手続の期限と必要性

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šæ‰‹ç¶šã®æœŸé™ã¨å¿…要性

キーワード

相続 時効 相続財産 銀行預金 葬儀費用

相談窓口

相続手続の期限と必要性

 昨年9月に姉が病気で亡くなりました。

 姉(次女)=独身。配偶者、子供なし。
 
 血縁者  =両親、長男、長女(=死亡)
      次男、三女、四女、五女(=生存)

 相続財産 =預貯金通帳のみ(債務なし)

 生前の姉 =一番世話になった私(五女)に、入院、葬儀費用を差し引いて残った分を全て渡すから、好きに遣って欲しい。と言って、私に通帳を渡す。

 遺言書  =なし

 私    =通帳を預かり管理。葬儀、回忌法要の費用、墓地管理費等とする旨を他の兄姉に告げる。
 
 他の兄姉 =故人、私の意志共に全員了承

 預金通帳は、入院、葬儀費用等に充当するべく、生前にほぼ全額を引き出し、未だ解約、名義変更しておりません。

 この場合も、相続について何か手続きが必要でしょうか?
 もうすぐ1年になりますが、手続きに期限はあるのでしょうか?

 他に注意する点などあれば教えていただければと思います。
 

質問者JUN さん 質問日2010年7月17日

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年7月19日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

ご両親、長男、長女が既に亡くなられているとすれば、次女の相続人は長男の子、長女の子、次男、三女、四女、五女となりますので次女の財産と債務はこれらの人々の協議で分けることになります。
 正しい方法としては、遺産分割協議書を作成し、財産を貴女が相続するという合意書面を作って預貯金の名義変更をするのが普通です。
 しかし、他の兄弟姉妹、甥、姪から財産の要求もなく、以後財産について問題の発生する恐れがないときは、問題として残るのは次女名義の預貯金の名義変更だけとなり、その金額が少額で放置できるのであれば何もしなくてもいいでしょう。
 預貯金残高を引き出すか、あなたの名義にするときは、相続人全員が遺産分割協議書に署名、実印の押印、印鑑証明書、戸籍謄本の添付が必要になります。
 仮に、次女の生前に葬儀等の面倒を見てもらうことを条件に残金の預貯金等を貴女に贈与する、もらうという契約で貴女に贈与されたと考えることができるのであれば、貴女の財産とすることができるかもしれませんが、そのときは預貯金の名義を生前に変更しておかれればベターだったと思います。この場合でも、銀行側としては上記の書面等を求めるでしょう。
 結論的に申し上げれば、他の相続人から将来問題が発生せず、貯金残高を放置する程度に少額の場合は、何もされなくてもいいでしょう。 遺産分けにはいつまでという期限はありませんが、次の相続が発生したりすると親族関係が複雑になりますので、必要なときは早く終わらせるのがお勧めです。
 相続税の申告が必要な場合は10ヶ月以内ですが、基礎控除が5000万円+1000万円×法定相続人がありますので、これ以下の財産のときは放置してかまいません。
 税理士 高山秀三
 

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

三女に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口