みんなの相続Q&A - 父の経営していた会社の負債と個人の財産の相続について(続きです)

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > çˆ¶ã®çµŒå–¶ã—ていた会社の負債と個人の財産の相続について(続きです)

キーワード

相続 相続放棄 単純承認 手続き 連帯保証人 銀行預金

相談窓口

父の経営していた会社の負債と個人の財産の相続について(続きです)

先ほど税理士の高山秀三先生から回答いただきましたものです。早々のお返事ありがとうございます。長くなり申し訳ないのですが、もう少し質問させてください。


父の会社は有限会社です。継承者もおりません。なので、リース契約は解消したいのですが、会社名義の口座には未払いの金額分も入金されていないので、会社の資産から支払うことは無理だとわかりました。


リース契約の詳細はまだ把握していないのですが、もし父個人がその契約の連帯保証人になっていれば、家族(母と子供)にその債務が相続されるんですよね?父個人の預貯金からリース契約の未払い額を引き出し、支払をしてしまうと単純承認したことになり、他に債務があったとしても相続放棄できないと認識しております。この見解で正しいのでしょうか?


もしリース契約以外に債務がなければ、父の家族の貯金でリース未払いを解消し、契約を解消することについては問題ないでしょうか?


そして、リース契約以外の債務の有無を調べてから相続放棄すべきか決断するという方向性でいいのか、お手数ですがご教示願います。

質問者たろ さん 質問日2010年7月2日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年7月8日

それで良いと思いますが、放棄の期間延長は、理由を付して家庭裁判所に申立て、その許可を得なければなりません。(民§915、1項)

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年7月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

会社の状況を良くご存知の税理士等で関与されていた方がおられれば、その方にお聞きいただくのがベストでしょう。
 文面からだけでは回答は困難ですが、お考えの方向でよろしいのではないかと思います。放棄には熟慮期間もありますが通常は3ヶ月以内ですから、それを超える場合には家庭裁判所にご相談ください。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

預貯金に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口