みんなの相続Q&A - 父の経営していた会社の負債と個人の財産の相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > çˆ¶ã®çµŒå–¶ã—ていた会社の負債と個人の財産の相続について

キーワード

相続 相続放棄 負債・借金 銀行預金

相談窓口

父の経営していた会社の負債と個人の財産の相続について

初めて質問させていただきます。
5月終わりに父が亡くなりました。父が経営していた会社(数か月前から休止しています)に置いてあるコピー機のリース代の未払いの請求書がきているのですが、母が「父が亡くなったので支払えない」と言うと、リース会社の方から「では相続放棄してください」と言われました。

しかしリースの未払いを相続放棄をしたら、父個人の預貯金も放棄しなければならないのではと思っています。リースの契約は父の会社名義ですが、預貯金は父の個人の名義です。この場合はどうなるのでしょうか?相続開始からすでに1カ月以上たってしまったので、早く対応しなければと焦っています。ご教示ください。よろしくお願いいたします。

質問者たろ さん 質問日2010年7月2日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年7月8日

会社のリース契約にお父さんが個人保証している故に、リース会社はリース料を支払わないなら相続放棄せよと言うのです。
そして、放棄すれば、おっしゃるとおり父個人の預貯金の相続も出来なくなります。
それ故、リース料と預貯金の金額を見比べて、どっちが得かを考えて決定すれば良いのではないでしょうか。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年7月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

基本的に会社の債務は会社のお金で返済するのが原則です。会社の資産状態はどうなっているかわかりませんが会社の預貯金等で支払ってください。
 又、会社の相続(お父様の所有株式はどなたが相続され、誰が会社を承継されるのかをます決めて、会社の行為として取引を行うことでしょう。又、会社を継続しないのであればリース契約を解消し引き取ってもらうなり、買い取ってもらう手続きをすべきでしょう。
 相続放棄するとまったく相続できなくなりますので、債務超過の場合を除いて、軽々にしない方がいいでしょう。
 お父様はリース契約を結ぶ際には連帯保証人になっておられるのですか。情報が不足で状況がわかりませんのでこれくらいしか回答はできません。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

預貯金に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口