みんなの相続Q&A - 相続放棄と明け渡し請求

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šæ”¾æ£„と明け渡し請求

キーワード

相続 不動産の相続 相続放棄 相続財産管理人 相続財産

相談窓口

相続放棄と明け渡し請求

父(賃貸人)がAさん(賃借人)と土地の賃貸借契約し、その土地にはAさんの所有する共同住宅が建っています。
その建物(抵当権、参加差押あり)には、Aさんの家族だけが住んでいます。
しかし、Aさんが亡くなったため、その家族は相続放棄をしました。
参加差押している市役所が相続財産管理人を選任すると聞いています。
この際、賃貸契約の解除通知・明け渡し請求を考えているのですが、こちらは選任された相続財産管理人に対して行えばよろしいのでしょうか?
抵当・参加差押物件で注意する点はありますでしょうか?

質問者梅雨 さん 質問日2010年6月30日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年7月2日

解除通知、明け渡し訴訟の相手方は、相続財産管理人です。
差押えされている場合、近いうちに、競売日等が決まり、手続が進行されることを考えておく必要があります。そのことが、契約解除や明け渡し訴訟と直接関係するわけではありませんが、相続財産管理人は形式な立場の人ですが、差押え債権者の方は実質上の権利を持っています。
例えば、訴訟で和解(裁判上の話し合い)については、直接的利害関係を有し、実質的な当事者の立場となります。
尚、家屋明け渡しの相手方は、現に占有している人ですが、それだけでは地主さんの目的は達せられない筈です。当該建物を収去して貰わなければ。その場合は、相続財産管理人に対し、取り壊し、収去の訴訟を起こさないといけません。
借地借家法上、契約解除は正当な理由を厳格に解釈されるので、解除が認められないときは、明け渡しも認められません。そうすると、相続財産管理人または競落人は、建物買い取り請求権を行使することが出来ます。

弁護士 山城 昌巳

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

この際に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口