みんなの相続Q&A - 生前贈与と相続の関係についての質問です

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç”Ÿå‰è´ˆä¸Žã¨ç›¸ç¶šã®é–¢ä¿‚についての質問です

キーワード

相続 贈与・生前贈与 遺産分割 遺産相続の割合 特別受益 銀行預金 相続の対策と準備

相談窓口

生前贈与と相続の関係についての質問です

父がすでに他界し母は健在です。
母には法定相続人(子供)が3人います。
仮に現在4500万円の預貯金があるとして
3人のうちの1人が生前贈与で1500万円受け取っているとしたら相続時の受け取り分はどうなるのでしょうか?
生前贈与の目的は住宅購入です。
住宅の名義は受贈者です。
すでに3分の1受け取っているので相続分は0円ですか?
それとも残りの3000万円を3等分出来るのでしょうか?

質問者りんご さん 質問日2010年6月27日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年7月1日

生前贈与の1500万円を、相続時の遺産4500万円にプラスして計算します。
遺産は6000万円として、その各1/3は2000万円ですから、生前贈与を受けた人は、500万円相続するということです。

弁護士 山城 昌巳

弁護士の回答

塩澤法律事務所
専門家塩澤法律事務所
回答日2010年7月2日

相続財産をどのように分けるかは、遺産分割協議によって決せられます。
ただ、協議が調わなかった場合には、通常、法定相続分により相続分が判断されます。
預金返還債権は、法律上は相続により当然に分割されますが、実務上は遺産分割協議によって相続分が決定されます。とすると、まず、遺産分割協議において、相続財産の範囲が問題となりますが、本件の生前贈与は特別受益として相続財産に加算されます。
 相続財産:4500万円+1500万円=6000万円
協議が調わなかった場合、通常、法定相続分に従って相続分が決せられます。すると、各2000万円ずつとなり、実際に手にする金額は、生前贈与を受けた方が500万円(2000万円-1500万円=500万円)、残り二人が各2000万円となります。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年6月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続による遺産の分け方は相続人の遺産分割協議により合意が得られれば自由に分けられます。この協議の際には過去の贈与の金額も考慮に入れて合意すればいいでしょう。
 相続人間で話し合いがつかないときは法定相続分により分けることになりますが、生前に贈与を受けたものは特別受益と考えられますのでその分相続による取り分が減るという考え方が一般的です。要は相続人の考え方でどのように合意するかが重要でしょう。
 税理士 高山秀三
 

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

預貯金に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口