みんなの相続Q&A - 簡易保険の名義変更について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç°¡æ˜“保険の名義変更について

キーワード

相続 相続の対策と準備 贈与税 手続き 贈与・生前贈与 名義変更 生命保険金・各種保険等

相談窓口

簡易保険の名義変更について

家族構成は、父・母・子(私)の3名で兄弟姉妹はおりません。

父母が高齢になり、現在加入している郵便局の簡易保険の名義を、父母が存命のうちに、子である私に変更しておいたほうが死後に名義変更をするよりも、手続き書類が簡単である、と聞いたために、色々調べております。保険は3つあり、

1.契約及び被保険者が父、保険金受け取りが母。
2.契約及び被保険者が母、保険金受け取りが子。
3.契約及び死亡受け取りが母、被保険者が父。

です。

郵便局に問い合わせました所、2.に関しては現行のままで問題ない、1.に関して、死亡保険金受け取りを私に変更は生前の方が手続き書類が少なくて済むとの説明でした。

問題は3.のケースで、保険金受け取りのみならず、契約者も子に変更する場合は、贈与税の対象となる、といわれました。現時点で3の保険に支払っている保険料は79万円であり、贈与の控除額である110万内であるため、契約者も変更しても課税されることはないと考えておりますが、如何でしょうか?

または、1.及び3.の場合とも、必要な手続き書類は沢山になるが、両親の死後に行うほうが良いでしょうか?

ご説明が長くなり申し訳ございません。ご教授を宜しく御願い申し上げます。

質問者mota さん 質問日2010年6月25日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年7月1日

他に相続人がいないので、契約者まで変える必要はないかと思いますが、変えるのは問題ないでしょう。
手続は、死後になると戸籍謄本とか書類の提出が多くなるので、生前の方が良いと思います。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年6月25日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

まず、保険金について税のことを考えるときには、契約者、被保険者、受取人のほかに、保険料負担者が誰かがわからないと判断できません。
1.3.についてはお母様の余生の資金としてお母様が受け取る方がいいのではありませんか。
 すべて貴方が受け取るという考え方の背景がわかりませんのでなんともいえません。現状の契約で特に問題はない様に思いますがいかがですか。
税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

存命に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口