みんなの相続Q&A - ファミリー企業での株式の相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ãƒ•ã‚¡ãƒŸãƒªãƒ¼ä¼æ¥­ã§ã®æ ªå¼ã®ç›¸ç¶šã«ã¤ã„て

キーワード

相続 遺産分割 遺産分割協議 相続放棄 遺産分割調停・審判 株式の相続

相談窓口

ファミリー企業での株式の相続について

兄弟で別々の企業の代表取締役で、父は兄の会社の大株主、母が弟の会社の大株主でした。
母が他界した際に、兄は弟の会社の株を相続する権利を放棄してあげました。
今回、父が他界したのですが、弟は兄の会社の株式を相続したいと言ってきました。
この場合、前回放棄してあげたことは、調停で憂慮していただける事項なのでしょうか?

質問者たい さん 質問日2010年6月23日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2010年6月24日

調停は,一応法的な観点から見た妥当な結論になる
ように手続を進めますので,相続分割合の変更して
まで,兄が,株式全部を取得するようにすることは
難しいと思います。

ただ,株式を誰が取得するかについては,法律で決
まっているわけでもなく,当然に,半分半分になる
わけでもありません。
他に父の財産があれば,株は兄,その他は弟,ある
いは,兄が弟に代償金を支払うことによって,従前
の経緯を主張して,兄が株式を取得することができ
る可能性はあります。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年6月25日

遺産分割は、遺産の種類、各相続人の状態やその他一切の事情を考慮して行う(民§906)ことになっています。
しかしながら、調停は当事者間の協議(この点で、調停外における遺産分割協議と変わらない)ですから、話がまとまらなければ、審判を申し立てることになります。
その場合に、前記の法条によって考慮されることになるでしょう。もちろん、調停においても、調停員が母の株を相続したときのことを考えたらどうか、とのアドバイスをしてくれるかも知れませんが、弟さんが承諾しなければどうしようもありません。
また、母が持っていた株と父の株に経済価値に違いがあれば、弟さんの要求は正当と考えられる場合もあります。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年6月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

2つの会社の状況(規模や収益状況など)、前回放棄したときの経緯などがわかりませんが、父と母の相続は別件ですので、それぞれの相続は切り離して考えるのが普通でしょう。
 ご兄弟でよく話し合って円満に解決する道を選んでください。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

調停に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口