みんなの相続Q&A - 遺留分減殺請求について。

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç•™åˆ†æ¸›æ®ºè«‹æ±‚について。

キーワード

相続 遺留分 遺産分割 遺言と遺言書 不動産の相続 遺産分割調停・審判 弁護士費用 遺留分減殺請求

相談窓口

遺留分減殺請求について。

父が3月に他界しました。遺言書が存在し、現在15年私が住んでおります父名義の土地(当時5000万円)を、私一人に譲るという内容でした。不満に思った兄が先日、弁護士を通じて、遺留分減殺請求をしてきました。この土地を購入する際、兄は歯科医師でもあり、収入もあり了解済みでした。来月は家裁から調停の通知がきており
私としては納得がいきません。こちらとしては弁護士をたて対応した方が良いか、悩んでおります。また現在まとまった預貯金もなく支払いも困難な状態です。良いアドバイスがあればお願いいたします。

質問者パグ さん 質問日2010年6月21日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2010年6月22日

わざわざ弁護士に依頼して,減殺請求をしてきている
以上,遺留分をしっかり請求させて頂くという意思が
あると思います。

価額弁償ができないということでしたら,

1 できるだけ高く売却して金銭で分ける
2 相手方と共有登記をして,相当対価を地代として
 支払う

というのも考えられたらいいと思います。

弁護士への依頼は,費用を聞いた上で,決めたらいい
でしょう。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年6月23日

遺留分減殺請求に対抗する方法として、
①あなたがお父さんの療養看護したという寄与分の請求
②兄が歯科医師となる為に特別な教育費がかかった(親が負担した)という特別受益の主張
が考えられます。
いずれも、法的な問題で、微妙な問題もあるので、やはり弁護士に依頼した方が良いと思われます。
①については、子には親を療養介護する義務があるので、なかなか認められにくいことですが、②については、認められる可能性があると思います。歯科医になる為の教育費(その間の生活費を含む)は、通常の教育より遙かにお金がかかるからで、それは、生計の資本としての親の援助と考えられています。つまり、その分、他の相続人より先に相続(贈与)を受けたと考えられるからです。

弁護士 山城 昌巳

弁護士の回答

塩澤法律事務所
専門家塩澤法律事務所
回答日2010年6月23日

 パグさん記載された事情からすれば、お兄様の遺留分減殺請求が認められることとなるでしょう。お兄様に収入があること、当時了解していたことは、遺留分減殺請求ができるか否かについては影響しません。
 そこで、お兄様の遺留分減殺請求が認められることを前提として、パグさんが相続した土地に住み続けることができる方法を考えていくのが適切な方法だと思います。
 まず、前提としてお兄様がいくら遺留分減殺請求をできるのかを明らかにしておく必要があります。遺留分減殺請求は、仮に相続人がパグさんとお兄様のお二人だけでしたら、相続財産の1/4の額(相続財産×1/2×法定相続分)ということになります。この場合は、少なくともバグさんが住んでおられるの土地の1/4の譲渡または相当額1250万円の支払いを請求されることになります。ただし、他に相続財産があり、お兄様が相続している分があれば、遺留分減殺請求の額から差し引かれることになります。
 また、お兄様は歯科医師とのことですが、開業資金をご両親が援助なさった場合には、特別受益として遺留分減殺請求の額から差し引かれます。
 そしてその上で、お兄様側の弁護士と交渉し、お兄様に土地の1/4を譲渡した上で賃貸借契約を結び賃料を支払っていく、あるいは、1250万円を支払う代わりに分割払いにしてもらうなどの妥協策を講じていくのがよいかと思います。
 遺留分減殺請求の額やお兄様側の弁護士との交渉には専門家に相談することをお勧めします。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年6月21日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

兄が歯科医であり収入があっても遺留分の減殺請求には何の問題もありません。了解済みといっても遺留分の放棄の手続きをしていないのですから、正当な遺留分の減殺請求といえるでしょう。
 兄弟の仲がよくなかったのか、兄にお金がいる事情ができたか、などなぜ請求されたのかわかりませんが、貴方の窮状を訴えて円満に少しでも少ない金額で応じてもらえるように交渉することでしょう。
 弁護士立てて争っても遺留分は結局支払うことになるケースが多いように思います。弁護士会の無料相談などでご相談されるのもいいでしょうが、兄弟の付き合い、意思疎通をもっと図っておくべきでしょう。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

家裁に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口