みんなの相続Q&A - 遺産相続のトラブルについて

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£ç›¸ç¶šã®ãƒˆãƒ©ãƒ–ルについて

キーワード

相続 遺留分 遺産分割 遺言と遺言書 遺産分割協議 遺産分割調停・審判 争続・トラブル 遺言書の検認

相談窓口

遺産相続のトラブルについて

自筆遺言書(発見時開封済み)は存在しておりますが、相続人の一人が遺言書を納得せず、検認手続の必要書類の提出の協力も得られず、「検認をするなら縁を切る」とまで言われ相続トラブルになっています。

被相続人の遺志(遺言どおり)の相続を望んでおり、これから家庭裁判所にて遺産分割調停の申し立てを行おうとも考えています。
※被相続人本人自筆の遺言書であることは相続人全員異議なし。

家庭裁判所に遺産分割調停を申し立て調停が不調に終わり、その後、審判となった場合は遺言書に基づいた審判の内容になるのでしょうか?

① 異議を唱えている相続人と遺言書との間の歩み寄った審判内容になる可能性はどのくらいのあるのでしょうか?
② 法定相続に近い審判内容になる可能性はどのくらいのあるのでしょうか?
③ 遺言書通りの審判内容になる可能性はどのくらいのあるのでしょうか?
教えてください。

なお、異議を申し立てている相続人の遺留分は遺言書で担保されており、遺留分以上の分割を主張しています。

社会通念上そのような主張は通らないとは思いますが審判による判断がどのようになるのか経験が無いので非常に不安です。

話し合いによる円満な解決が最優先ですが最悪のケースも視野に入れお知恵を拝借したいと思います。


質問者円満解決 さん 質問日2010年6月18日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2010年6月18日

検認手続は,相手方の協力は必要ありません。
必要書類は自分で揃えて下さい。

また,遺言に従う以上,遺言から漏れた遺産は
別にして,遺産分割調停はできません。ですか
ら審判にもなりません。

話合いは結構ですが,話合いがつかなかったら,
検認手続を進め,遺言の執行をするしかありま
せん。
遺言に不服ある相手方は,遺留分調停の申立てを
するでしょうから,そこで,話合いをすればいい
のです。その後訴訟になっても,遺留分を基準に
した判断しかでません。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年6月21日

被相続人の遺志どおりの相続を望んでいるなら、先ず遺言書の検認手続をすべきです。
検認は、遺言書の内容、法的効力を認めるものではなく、遺言書の形式(方式)と、その状態を確認するものであって、検認に反対すること自体おかしいことですが、これに反対する相続人は、遺言の内容に反対なのです。その辺のところをよく話をして説得してみてはどうですか。それでも納得しなければ、検認手続を進めることです。
必要な書類は、戸籍謄本のことでしょう。確かに、他人の謄本はとれませんが、親のものはとれる筈で、そこに、提出を拒んでいる相続人が記載されている筈ですから、家裁に事情を話せば、その人の新しい戸籍謄本が無くても受け付けてくれる筈です。どうしても必要とあれば、遺産分割調停申立にも、それは必要ですから、弁護士にとって貰う方法もあります。

①の質問について
遺産分割は、遺言書のとおりに行うことが基本です。全相続人がその内容と異なる分割に合意すれば、調停でそのように決めることは出来ますが、審判となると、合意できなかったので裁判所が判断することになり、その判断の基準は、遺言書があれば、これに反することは出来ず、そのとおりとなります。
その遺言書が検認されていないときは、後で、偽造、変造が為されたかもという疑問が生じるので、検認手続をすべきと、最初に申し述べた次第です。

②及び③
法定相続分に近い審判内容となる可能性がどれくらいあるかとの質問については、審判とは判決のようなもので、中間色はない。遺言どおりか、法定相続分どおりか、2つに1つです。
調停成立は無理と思われるので、審判となるでしょうが、これは、当事者の申立によって始まるので、そのときに、少々遅いですが、家裁から検認の申立せよと言われる筈です。
ちなみに、遅滞なく検認手続をしなかった者は、5万円以下の過料に処せられます。(民§1005)

弁護士 山城 昌巳

弁護士の回答

浅田・中嶋法律事務所
専門家浅田・中嶋法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年6月21日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

検認は、遺言書が変造・隠匿等されないように保存を確実にする手続きであって、遺言の効力や内容にまで踏み込むものではありません。遺言の保管者が相続の開始を知ったときや、相続人が遺言所を発見したときには、すみやかに検認を請求しなければなりませんし、これを怠った場合には罰則(5万円以下の過料)が課せられる可能性もあります。ですから、質問者が遺言書を保管されているのであれば、家庭裁判所でまず検認の手続きをなさってください。その際、他の相続人の協力等は必要ありません。
今回のように遺言内容に異議を唱えている相続人がおり、ご自身たちで遺言の執行をすることは難しい場合には、相続人などの利害関係人が家庭裁判所に遺言執行者の選任を請求することができます。

質問者としては、遺言書の内容に異議がないのであれば、検認・遺言執行の手続きを進めてもよいですし、やはり話し合いを優先したいのであれば調停・審判を経るのもよいでしょう。
なお、調停は当事者間の話し合いを行うことを旨とする手続きであるのに対し、審判ではこのような話し合いは行われませんので、審判に至った場合には①の解決は期待できません。②③については、遺言の効力等により何ともいえませんが、家庭裁判所が事実関係を調査の上でその判断(審判)を下すことになります。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

検認に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口