みんなの相続Q&A - 相続後の預金引出について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šå¾Œã®é é‡‘引出について

キーワード

相続 遺産分割 遺言と遺言書 遺産分割協議 不当利得・横領 公正証書遺言 銀行預金

相談窓口

相続後の預金引出について

私の夫が亡くなったので、銀行から夫のキャッシュカードでお金を引き出しに回りました。
遺言書があったのは知っていましたし、私に全ての財産を譲るという内容でしたので、銀行に別に死んだことを告げることもせず、解約にも行きました。
その後、その遺言書よりも最新の公正証書遺言が見つかり,数人で遺産を相続することになり、預金や現金は相続人で分けるようにされていました。
その時に、そのことが露呈してしまい、解約については、夫が死んだことを告げず、窓口で私が夫の印鑑を押して解約したので、銀行の方は本来そんなことをしてはいけないと言うことで、他の相続人達に謝ったそうです。遺言書を見せられたり、夫が亡くなったと言うことを知って解約したのなら,いいそうですが、私は単に夫の印鑑を押して、私が署名して預金を解約したことは、不法行為だと言われました。
引き出した預金は全て私の口座で保管しており、他の相続人に対して、寄与分などを主張して全額を私が受け取りたいので、戻せと言われても戻していません。ですが、それを言うと、先ほどのことを不法行為で訴えるといわれています。
これから、遺産分割協議をするそうですが、私のやったことは不法行為なのでしょうか。
そうであれば、とりあえず一度、預金を全相続人に相続分を分配してから、話し合った方が良いと思うのですがいかがでしょうか?

質問者manga さん 質問日2010年6月14日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年6月15日

被相続人の預金は、死亡時に、全相続人の共有となります。
遺言があれば、遺言どおりに相続されたものとなります。
したがって、預金の解約は、違法行為となります。
ですから、おっしゃるとおり、解約した預金は、相続分どおりに分配してから話し合うべきです。

弁護士 山城 昌巳

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2010年6月18日

遺言がある場合,通常は,相手方の取りうる手段
は訴訟です。遺産分割協議ではありません。
そこでは,寄与分の対抗もできないと思います。

遺言の内容,外の相続財産があるのかどうかも
分かりませんので,何とも言えませんが,自分
が,どのような主張を,法的にできるか,専門家
に確認のうえ,話合いをもたれたらいいかと思い
ます。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年6月15日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 遺言書がある場合は、最新の遺言書に基づいて遺産を分けるのが原則です。その遺言により遺留分を侵害されている人は遺留分の減殺請求で遺留分まで相続分を回復することができます 但し、その遺言書が特定遺贈の形式の場合には、受遺者がその遺言書を放棄して一旦相続人の共同財産に戻し、全員で話し合う遺産分割協議を行い、それに従って相続することも可能です。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口