みんなの相続Q&A - 失踪宣告後の積極財産と消極財産について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > 相続Q&A プロの回答 > 失踪宣告後の積極財産と消極財産について

キーワード

相続 不動産の相続 時効 相続放棄 限定承認 負債・借金 行方不明・失踪宣告 相続財産

相談窓口

失踪宣告後の積極財産と消極財産について

はじめまして。葵と申します。
父が失踪してから7年目を迎えて、これから家裁で失踪宣告の手続きに入る段階になっております。ですが、その後の父の財産の事で悩んでおります。
失踪宣告後、積極財産としてマンションの名義が残り、消極財産として多額の借金が残ります。マンションについては、母と連名になっており、1/2ずつの持ち分になっております。失踪宣告後、死亡扱いとなり、恐らく父の持ち分の1/2はチャラになると思います。母は、これからもマンションに住みたいという意思のもと、相続する予定ですが、すると、多額の借金までも相続してしまうのです。父が勝手に作った借金を相続することは避けたいです。
相続放棄や相続限定承認の場合も考えましたが、どれも良い方法に思えず、他に良い方法があれば教えてください。

質問者葵 さん 質問日2010年5月27日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年6月1日

被相続人に負債がある場合、これを相続しないで、積極財産だけを相続する方法はありません。但し、父が失踪して7年経ているので、父に対する債権は時効消滅している可能性があります。
借金は、貸付を業とする者(銀行、サラ金等)からのものは、商事債権なので、弁済期から5年で時効消滅します。一般人からの借金は民事債権なので、時効は10年です。
しかし、時効は、①請求、②差押え等、③承認によって中断されます。ここで請求とは、支払いの催告(請求書の送付)ではなく、裁判上の請求のことです。但し、催告の事実は、6ヶ月時効期間を伸ばす効果があります。(民§153)
②はお解りでしょう。
③は債務を承認するということで、一部弁済は、その時点で全債務を承認したことになります。
負債が時効消滅していないとき、そして、どうしてもマンションが欲しいならば、マンションの価額より負債が多い場合は相続放棄(限定承認を含む)して、当該マンションの持分を債権者から買い取るしかありません。

弁護士 山城 昌巳

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

家裁に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口