みんなの相続Q&A - 同族会社と祖父の相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > åŒæ—ä¼šç¤¾ã¨ç¥–父の相続について

キーワード

相続 不動産の相続 負債・借金 固定資産税 株式の相続

相談窓口

同族会社と祖父の相続について

先月に祖父の会社を父が引き継ぎ、祖父が取締役会長で父が代表取締役社長になりました。
株式は祖父が10%・父が70%・母が20%持っています。
祖父は会社に500万円の貸し付けがあるのと本社の土地の半分を持っています。もう半分は会社名義の土地です。
その上に会社名義のビルが建っており、そのビルを担保に会社には6000万円の借金があります。
使用賃貸の契約は祖父と会社で交わしておらず、固定資産税は双方が支払っております。
相続するのは父と叔母の二人です。
祖父が亡くなったときに相続でどういったことが考えられますか?

質問者クロネコ さん 質問日2010年5月27日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年6月1日

祖父の相続が開始されたとき、①土地の半分は相続人(父と叔母)が相続します。②祖父の株10%も同様に相続されます。③会社の借金(6000万円)については、おそらく祖父は連帯保証しているでしょうから、その負債もまた、同様に相続されます。
土地の使用貸借についてですが、祖父は自分の土地上に自分の会社のビルを建てたのだから、地代を請求しなかったし、また、税務署もそれを是認していたようですが、相続により、土地の所有者が、父と叔母になるので、父はともかく、叔母は地代を請求する可能性があります。
あとあと、問題になることも考えられるので、相続のときに使用貸借ではなく、賃貸借契約をしておくべきかと思われます。
会社の株について、叔母から異議が出る可能性もあります。もともと、祖父が作った会社ですから、祖父に10%しかないのはおかしい、逆に母に20%あるのは贈与もしくは名義株(実質は祖父のもの)だとか、父の70%も多すぎるとか言ってくる。会社が順調であればあるほど、その可能性が高くなるのが世の常です。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年5月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 祖父の貸付金500万円は相続財産になり、会社の株式を純資産方式で評価する部分においては債務として控除されます。
 会社に貸している土地の半分は相続財産になりますが、その評価において会社に借地権があるかどうかは、相当の地代の支払の有無、無償返還の届出の有無等、わからないことがありますのでなんとも回答できません。それによって会社の株価にも反映されますので詳細を調べてください。
 会社の借金6000万円は、会社の株式評価を純資産方式で評価する部分においては債務として控除されます。
 以上ですが、具体的にお知りになりたいことがなんであるかが記載されていないので、回答できるのはこれくらいでしょう。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

叔母に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口