みんなの相続Q&A - 相続排除についてお教え下さい

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šæŽ’除についてお教え下さい

キーワード

相続 遺言と遺言書 相続の対策と準備 手続き 相続人の欠格・廃除

相談窓口

相続排除についてお教え下さい

私は30歳の子供のいない主婦です。
この先20歳年上の夫と二人で生きていくに当たって自筆遺言をそれぞれ作成し、(兄弟の遺留分をなくすため)いろいろと本を読んでいたところ、相続排除が家庭裁判所への申し立てによろできると知りました。
私は両親から度重なる暴力や罵倒を受けて完全にほかの兄弟と差別されて育ちました。
父は他界しており現在は母のみが健在です。どのように、暴力や罵倒を受けていたことを家庭裁判所で証明すればよいのでしょうか。母は現在54歳で健康です。私に何かあったときに夫に全ての財産を残したいと思っています。

質問者じゅんこ さん 質問日2010年5月25日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年5月28日

相続排除ではなく、正確には相続人の排除です。
おっしゃるとおり虐待を受けた推定相続人を排除することは出来、家庭裁判所に排除の請求をすることになります。審判ですから、虐待の事実を証明する必要があります。また、家裁の調査官がその有無を調査もしてくれます。
また、排除は遺言によってもすることが出来ますが、その場合は、遺言執行者が家裁にその審判を請求することになります。その場合、証明が難しくなる(虐待を受けた人が亡くなっている)ので、その事実を具体的に詳しく書いたものを残しておくと良いでしょう。
いずれにせよ、遺言書を作っておく方が良く、自筆ではなく公正証書にして、遺言執行者も遺言書で決めておいた方が良いでしょう。
兄弟姉妹には、遺留分がないので、問題は遺留分のあるお母さんだけです。しかし、通常では、あなたの方が長生きするでしょうから、あまり心配することもないかと思います。

弁護士 山城 昌巳

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

自筆遺言に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口