みんなの相続Q&A - 市街化区域内山林の相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å¸‚街化区域内山林の相続

キーワード

相続 相続の対策と準備 不動産の相続 相続放棄 不動産の売却 銀行預金

相談窓口

市街化区域内山林の相続

いわゆる相続破産を恐れる事案です。
高齢の親が市街化区域内に山林を所有しています。比較的急峻な斜面地です。公簿300㎡足らずですが、四方を宅地に囲まれ造成残地を合筆したので、航空写真等では周辺宅地の数十軒分はあります。路線化45万円の公道と2箇所で接しており、接道幅はそれぞれ4mと8mです。
まったくの未利用地で、公租公課や隣地からの越境樹木の伐採請求など、むしろ多額の維持経費を要します。
親は、このまま相続すると子孫に実質負債を引き継ぐことになると気に病み、存命中に適切に対策しておきたいと望んでいます。

やはり、売却できるなら売却するのが最善策なのでしょうか?
売却先が見つからない場合には、どのような対策が考えられるでしょうか?

なお、山林以外には、3世代居住中宅地家屋と生産緑地指定農地、僅かな預貯金があるだけです。

質問者玄さん さん 質問日2010年5月11日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年5月13日

地目が山林で公道に接しているなら、建物は建てられるはずです。
ただ、急峻な斜面なので、造成が必要でしょう。
売値は近隣より安くなるでしょうが、売却した方が後々のためには良いかと思います。
相続破産を心配しているとは、負債があるのですか?

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年5月11日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 市街地山林の相続税における評価は、山林を取り崩して平地の宅地に造成する場合の宅地造成費等を差し引きますので、そんなに高い評価にはならないものと思われます。価額がでないくらいかもしれません。
 気になるようでしたら一度評価を試算してもらったらいいでしょう。もっともご自分でお使いになる予定がなく、買い手がつくようでしたら売りになり、財産の整理をされるのもいいでしょう。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

山林に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口