みんなの相続Q&A - 相続の失効はあるのですか?

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šã®å¤±åŠ¹ã¯ã‚るのですか?

キーワード

相続 相続税 基礎控除 不動産の相続 時効 固定資産税

相談窓口

相続の失効はあるのですか?

死亡日から10ヶ月と相続の期間が設定されているかと思いますが、相続が決定できなかった場合はどうなるのでしょうか?

相続額は、相続人も含め基礎控除以下です。
すでに税務署には控除以下のための申告は済ませています。

土地などもあります。国に没収とされるのでしょうか?   市からの固定資産税などの問題もあり如何でしょうか?

質問者相続の終わり さん 質問日2010年4月6日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2010年4月6日

10ヶ月は相続税申告の期限であって,相続の期間
ではありません。
 理屈では,何年経っても相続はできます。ただ,
早めに協議をして,分割を済ませるに越したことは
ありません。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年4月8日

相続が失効する期間などありません。
10ヶ月以内に相続税の申告をせよという期間はあります。
但し、基礎控除以内であれば、申告の義務はありません。あなたは、それでも申告しているのですから、相続した土地を没収されることなどあり得ません。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年4月6日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺産分割はいつまでにしなければならないという規定はありませんが、遺産分けが決まらないうちに次の相続が発生したりすると複雑になり、手続きも面倒になりますので、なるべく早くした方がいいでしょう。
 相続人がある場合には国に没収されるというようなことはありませんが、固定資産税等は通知がきたら納付しなければなりませんのでどなたか納付してください。
 長期に納付しないと差し押さえられて、将来競売にかけられる等される可能性があります。
 税理士 高山秀三

専門家の回答

埼玉県相続サポートセンター
専門家埼玉県相続サポートセンター(過去掲載の専門家)
回答日2010年4月8日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続の申告は相続発生日(死亡日)から10カ月ですが、遺産分割はいつまででも行えます。
土地は国に没収される事はありませんが、遺産分割が終了するまでは相続人全員の共有となっています。
相続人同士で話し合い、固定資産税は誰が代表して払うかなど決めておいた方が良いでしょう。

次の相続がいつ発生するかは予測できませんので、早めに分割をする事をお勧めします。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

失効に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口