みんなの相続Q&A - 失踪取り消し後のお金の返却について。

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å¤±è¸ªå–り消し後のお金の返却について。

キーワード

相続 不動産の相続 行方不明・失踪宣告 手続き 不動産の売却

相談窓口

失踪取り消し後のお金の返却について。

どうぞよろしくおねがいします。
失踪宣告しましたが後になって本人が現れたので失踪を取り消しました。
ところが、相続したはずの土地を売買してしまいましたが、得たお金は返却しないといけないのですか?
双方善意でした契約は影響を受けないとなっていますよね…。
それとも、手元にあるお金は本人に返さなくてはならないのでしょうか?

質問者さくら・ん さん 質問日2010年4月5日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2010年4月6日

法律上の原因がなくなり,本人に対して,利益の
存する限度で,不当利得の返還義務を負うことに
なります(民法703条)。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年4月8日

失踪宣告が取り消されると、失踪者は死んでいなかったことになり、相続も開始されなかったことになります。相続人が土地を相続したままになっていれば、これを、本人に返さなければなりませんが、売却したとなると、その代金を返さなければなりません。善意で為した契約は影響を受けないということは、相続した土地の売買契約は、有効ということです。ですから、代金を返さなければいけないのです。
もともとは、相続は無かったことになるので、その売買契約も無かったことになるはずですが、善意者(取引相手を含む)保護の為、売買契約は有効とするというのが法の趣旨です。
そして、返還する金額については、全額ではなく、現有するものだけで良いことになっています。(民§32条2項)

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年4月5日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 失踪想宣告の取り消し請求を家庭裁判所にして失踪宣告が取り消されたときは、その人の法律関係は全て復活します。
 従って、相続権も復活しますので、失踪宣告があったことにより財産を取得した人はその権利を失いますので返還することになりますが、既に財産等を処分してしまったときは現に利益を有する範囲で返還すればよいこになっています。売却代金で残っている金額は返却することになるでしょう
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

失踪に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口