みんなの相続Q&A - 放棄後の居住について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æ”¾æ£„後の居住について

キーワード

相続 不動産の相続 相続放棄 負債・借金 相続財産管理人

相談窓口

放棄後の居住について

現在放棄手続きの受理中です。
故人名義のマンションに居住しております。
引越し先は探しておりますが、それまでの生活に関わる費用の扱いがわかりません。

①生前の分の公共料金(電話、電気、ガス、水道)、及びマンション管理費、火災保険
②死後から放棄完了までの上記料金
③放棄完了から財産管理人が決まるまでの上記料金
④財産管理人が決まってから売却されるまでの上記料金

①~④のどの期間の料金は放棄した遺族(そのマンションに居住していたもの)に支払い義務がありますでしょうか。
また、①~④のどの期間まで居住して問題がないでしょうか。

よろしくお願い致します。

質問者さくら さん 質問日2010年4月3日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2010年4月4日

①は,法的に言えば,支払い義務はありません。
ただ,放置しておくと,供給がストップする可能
性もあり,被相続人の未払いを放置しておいて,
新たに供給契約を締結するのも面倒ですから,
管理人が選任されるまで,それほど時間がかから
ず,未払いもたいした金額でないなら,そのまま
故人の名で支払ってしまうのが一般的です。
 相続放棄の効力との関係もありますので,心配
でしたら,遺産に手をつけずに,自分の財産から
支払いをすればいいと思います。

②〜④の期間は,相続放棄したかどうかとは関係
なく,新たに供給契約を締結していなくても,固有
義務として支払義務が発生します。
 
①から③までの期間の居住は,問題ありません。
管理人が選任されたら,その管理人に引き渡せば
いいだけです。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年4月8日

相続放棄が手続き中(?)であっても、相続放棄した相続人は、生前、又は、相続開始(死亡)後の相続財産に掛かる費用を支払う義務も権利もなくなります。
放棄した(する?)マンションに居住すること自体、法的には不法占拠です。
上記の?マークを付けたのは、相続放棄はその申述書を家庭裁判所が受け取れば、それで完了であって、手続き中ということは考えられません。多分、その準備中ということでしょう。
放棄完了という言葉も使っていますが、放棄は死亡後1ヶ月後に為しても、死亡時に放棄したこと(相続しなかったこと)になります。
遺産につき相続財産管理人がつけば、光熱費等の諸費用は売却代金から優先的に支払われるでしょう。あなたが心配することはありません。
放棄した者が居住している場合、電気代等を払わないと止められるので、居住している者が通常は支払いますが、それは事実上の問題です。

弁護士 山城 昌巳

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

死後に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口