みんなの相続Q&A - 前妻の子供の相続の権利

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å‰å¦»ã®å­ä¾›ã®ç›¸ç¶šã®æ¨©åˆ©

キーワード

相続 特別受益 異父・異母兄弟 不動産の売却 後妻 贈与・生前贈与 代償分割・代償金 相続権と相続順位

相談窓口

前妻の子供の相続の権利

相続の事について質問します。私の友人の事です。友人の夫が突然事故死し、お金の事でトラブルになっています。内容は、今住んでいる家の資産価値分を夫の前妻の子二人(前妻は現在再婚し、その子二人も現夫と養子縁組済み)に現金で支払うように前妻から請求があったそうです。友人にも子供が二人おり、現金を請求されても家を売ってお金にかえないとそんなお金はなく、かといって家を売れば住むところを失ってしまいます。前妻の言うところ、現在の家は1500万円の価値があり、200万円もらう権利があるとの事。支払わなければならないのでしょうか?

補足として・・・夫の勤めていた会社より出た退職金等より200万円は養育費として差し上げたそうです。

回答お願い致します。

質問者あすみ さん 質問日2010年3月15日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2010年3月16日

前妻との間に生まれた子の法定相続分は,各1/8ずつ
ですから(あわせて1/4),1500万円の1/4から,
前払いでもらった分200万円を差し引いて,残りが
200万円というのは,間違いとは言えません。

代償金相当額(200万円)を支払わないと,最終的
には,自宅は競売されてしまいます。

弁護士の回答

高須・高林・遠藤法律事務所
専門家高須・高林・遠藤法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年3月16日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 養子縁組を行っても実父との親子関係は存続します。従って、前妻との間の子でも相続権は存在します。また、婚外子であれば別なのですが出生段階で婚姻に基づいて生まれた子は、特に相続分が減るようなこともありませんので、今回の相続の法定相続人は、配偶者と子が4人で計算することになります。従って前妻の子は、それぞれ8分の1の法定相続分を持っていることになります。
 家だけが遺産で、家の価値の把握方法が正しい。かつ、死亡退職金が遺産ではないこと(死亡退職金が遺産か否かは場合によって異なります。)を前提に考えますと、前妻の子2人の相続分を金銭で精算しようとすれば、合計で375万円の相続分があるといことになります。
 既に遺産ではない死亡退職金から200万円支払っているのということで良ければ、残余は175万円ということになりそうです。
 なお、家以外の遺産の有無、家の価値の把握方法が適正か?死亡退職金は遺産か否か?葬儀費用をどのように処理するのか?など、付随して出てくるであろう問題は多く、これらがからんでくれば、計算の内容や結果は異なってきます。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年3月16日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

前妻との間の子も現在の妻との間の子も父親の相続に関しては同等の権利を持っています。
 しかしながら、相手方に窮状を訴えて、できる限り少なくしてもらうよう交渉することでしょう。先妻の子は現在両親が揃っているようですので生活への不安は軽いのではないかと思いますがいかがでしょうか。
 遺産分割協議については前妻の子(又は特別代理人としての前妻)とよく相談してください。
 子供の年齢はわかりませんが、退職金を支払ったのであれば、もし更に支払うことになったとしてもできるだけ少なくし、分割払い等の方法もありえましょう。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

前妻に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口