みんなの相続Q&A - 遺言書の検認の前の相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºè¨€æ›¸ã®æ¤œèªã®å‰ã®ç›¸ç¶š

キーワード

相続 遺産分割 遺言と遺言書 手続き

相談窓口

遺言書の検認の前の相続

父が他界して1ヵ月後、遺言書の検認の知らせが裁判所より郵送されてきました。
どうやら、20年来の愛人?関係のものが送ってきたようです。家族は覚えなく、とまどっています。
そこで質問ですが、遺言書の検認の前に、遺言書がないものとして不動産・預貯金などの相続手続きを行うことは可能でしょうか?

質問者きんのはね さん 質問日2008年6月6日

弁護士の回答

塩澤法律事務所
専門家塩澤法律事務所
回答日2008年6月9日

裁判所から遺言書の検認の知らせが来た以上、検認の前に、遺産を動かすことは、民事上も刑事上も問題があるので、やめた方がいいと思います。

司法書士の回答

司法書士法人リーガルバンク
専門家司法書士法人リーガルバンク(過去掲載の専門家)
回答日2008年6月6日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

はじめまして。司法書士法人リーガルバンクの司法書士の和出(わで)と申します。

まず、『遺言の検認』についてですが、遺言書の検認の手続が必要なのは、遺言書発見時の状態や内容を家庭裁判所があらかじめ確認しておけば、後になって遺言書が誰かに偽造されたり、破棄されたりした場合でも、裁判所が遺言書の元の内容を確認しているので、元の遺言書の内容が保たれるというわけです。

なお、検認は遺言書に書かれている内容が『有効か無効か』を決めるためのもの手続でななく、あくまで遺言書の状態や内容を確認するための手続です。


そこで、きんのはね様のご質問のケースで、有効な遺言書であるという前提で考えますと、遺言書に記載されている相続財産については、すでに遺言者が亡くなったときに、遺言書の内容に沿って移転していることになりますので、遺言書がないものとして不動産・預貯金などの相続手続きを行ったとしても、それらの手続のうち、遺言書に反する部分は、その限度で無効になります。

また、納得できないお気持ちはおありでしょうが、そもそも遺言書の存在を知っている状況で相続手続を行うという行為は、後に愛人との紛争に発展した場合を考えますと、不利な方向へ進む証拠になってしまうかと考えます。

遺言は、民法上認められた人の最後の意思を尊重する制度ですので、たとえ愛人への遺贈であっても、厚く保護されるのです(遺言優先の原則)。

よって、法定相続人には、遺留分という最低限補償された相続財産に対する持分を有しますので、この遺留分を主張するか、
もしくは、
冒頭にて申し上げましたとおり、遺言書の内容(検認の立会いで知ることができます)が、相続人にとって納得できない内容であれば、その有効性自体を争う
といった方法を取るしかないと考えます。

「勇み足」は、大変危険です。


司法書士法人リーガルバンク
司法書士 和出吉央(わでよしひさ)
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦1丁目10番20号
アーバンネット伏見ビル7F
電話番号:052-221-8880
FAX番号:052-212-3893
メールアドレス wade@legal-bank.com
URL http://www.legal-bank.com/
最寄り駅 名古屋市営地下鉄 伏見駅から徒歩1分


相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

検認に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口