みんなの相続Q&A - 遺産分割協議について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£åˆ†å‰²å”議について

キーワード

相続 遺言と遺言書 遺産分割協議 手続き 公正証書遺言 相続登記

相談窓口

遺産分割協議について

生前、父が公正証書で遺言をしており、そこに遺言執行者として行政書士(行政書士と司法書士の違いがよく分かりませんが、今回は行政書士です)の名前が載っていたので、その行政書士から遺言のとおり(母単独名義)登記をしないといけない。と言われ、言われるがままに遺言のとおり登記をしました。ところが、後から知ったのですが、遺言があっても相続人みんなで遺産分割協議をしたら違う登記もできたとのこと。半ば強引に遺言執行されたのですが、今から遺産分割協議をして長男名義に登記を直せますか?
その場合の税金なども不安です。
相続人は、母、長男(私)次男、長女の4人です。現在は遺言によって母単独名義になっております。
質問内容が分かりづらいかもしれませんがご指導のほどよろしくお願いいたします。

質問者たかしま さん 質問日2010年2月13日

弁護士の回答

MAEDA YASUYUKI法律事務所
専門家MAEDA YASUYUKI法律事務所
回答日2010年2月15日

ご指摘のとおり,遺言があっても遺産分割協議を行い,遺言とは異なる内容の遺産分けをすることは可能です。

ですので,遺産分割協議を行うことも可能です。

ただ,
既に,遺言を前提に登記をしてしまっている場合,それを錯誤を理由として抹消し,抹消後,新たな遺産分割協議に基づく登記を行う必要があります。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年2月18日

確かに、相続人全員が同意すれば、遺言とは異なる遺産分割は可能です。
しかしながら、法律的には、遺言によって、相続開始の時点(父の死亡時)に、その不動産の所有権は母に移っています。したがって、その登記をしないで、或いは抹消して、別の遺産分割につき全員が同意したということは、一旦は、母に移転した所有権が他の人に移転(贈与)されたという関係になります。そうすると、贈与税の問題も出てきます。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年2月15日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 遺言執行者が遺言書どおり執行するのが努めですから遺言書どおり執行するのは当然ですが、遺留分を侵害されている方は遺留分の減殺請求権がありますので遺留分までの請求をすることはできたはずです。
 また、遺言書が特定遺贈の場合で、相続人が全員遺産分割協議書によって相続することに同意している場合には、分割協議で分ける可能性はありますが、遺言者の意思にそむくことはよほどの理由がないと普通はしないでしょう。
 遺言形式が包括遺贈の場合は原則としてできないものと考えられています。
 一旦遺言書どおり執行され財産を他の人に移動した場合には新たに贈与等の問題が発生するものと思われます。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

遺言に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口