みんなの相続Q&A - 小規模宅地等の特例について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å°è¦æ¨¡å®…地等の特例について

キーワード

相続 小規模宅地の特例 不動産の相続 固定資産税

相談窓口

小規模宅地等の特例について

私は農家の長男です。妻と子ども2人がいます。サラリーマンをしながら時々農業の手伝いをしています。
私には妹2人がいますが、それぞれ結婚し別に暮らしています。兄妹関係は良好、妹達も父も私が家・田畑すべてを相続しいずれは農業をすることを望んでいます。
私は結婚当初は父と同居していましたが、現在は家の裏にある畑の一部(30坪位)に家を建て父と別居しています。家の名義は妻と共有です。土地に関しては父の名義であり、固定資産税も父が支払っています。
私達は常に行き来し、おかずを持っていったり、時々は一緒に食事をしたりしています。また、毎月数万円を家に入れると言う形で父に渡しています。
小規模宅地等の特例では生計を一にしている場合80%の減額があるらしいことを本で見ましたが、私のような場合は該当しますか?
また、別居していることで今後不都合なことや今のうちにして置いた方が良い方法がありましたら、教えてください。

質問者T.K さん 質問日2010年2月10日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年2月15日

生計一親族(T.Kさん)が底地を取得し、相続税の申告期限まで保有・居住継続した場合には240㎡まで80%の減額があります。
底地を取得しても相続税の申告期限まで保有・居住継続しない場合やそもそも生計が別と判断された場合には200㎡まで50%の減額となります。

生計が一かどうかは日常生活の資を共通にしているか?ですので食費や光熱費などの費用が共通しているなどの実態が必要です。
同居しているか否かは直接の要件ではありませんが、所得税法基本通達2-47の(2)では、同居している場合には、明らかに独立した生活を営んでいると認められる場合除き、生計を一にするものとする。と書かれています。
お父様の収入の状況なども勘案しながら生計については実態判断されるのが良いかと思います。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

税理士法人 井上会計
専門家税理士法人 井上会計(過去掲載の専門家)
回答日2010年2月10日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

T.Kさん、こんにちは。
おっしゃるとおり、「生計が一」であれば小規模宅地の特例を受けることができます。

ただ、この「生計を一」の判断が難しいのです。特に別居しているような場合にはこれを立証する必要があります。「生計を一にしていた親族とは、被相続人と同一の生活共同体に属し、必ずしも同一の家屋内で起居を共にする必要はないが、少なくとも日常生活に係る費用やその他生活の糧を支弁し合うような親族を指す」とされていますので、これに該当すれば問題ないと思われます。

参考までにこの特例について争われた事例をご案内しますのでご確認いただければと思います。
http://www.kfs.go.jp/service/JP/75/38/index.html

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年2月10日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 同居されおらず、ご自分と奥様の所有家屋に住んでいらっしゃいますので、お父様の居住されている敷地には80%の減額は適用できません。200㎡まで50%となります。
 一方、貴方の居住されている敷地は生計を一にしておれば、生計を一にする親族の居住用敷地として可能性はありますが、お父様の収入等がわかりませんので、生計を一にしているかどうかの判定がこれだけではできません。数万円を渡すのはおこずかいとしてなのか、それがないと生活ができないための生活費の援助なのかなどです。
 なお、現在小規模宅地の縮減が検討されており、相続した人が現に居住していない場合などにおいては適用ができないように改正する作業が進められておりますので、今後の改正動向に注意してください。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

生計に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口