みんなの相続Q&A - 遺産相続の割合について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£ç›¸ç¶šã®å‰²åˆã«ã¤ã„て

キーワード

相続 遺産分割 遺産相続の割合 異父・異母兄弟 銀行預金 生命保険金・各種保険等

相談窓口

遺産相続の割合について

お伺いします。
兄が亡くなりました。兄は独身で子供もいません。父母はすでに他界しておりますので、兄妹での分配に決まりました。
6人兄妹です。

長男→すでに死亡(子あり)
次男→今回亡くなりました。
三男→すでに死亡(子あり)
長女→相談者(私です)
次女→生存
三女→生存
保険金の受け取りが次女になっていた事から、保険金は次女が独占すると言っています。
残りのお金は銀行の定期に入っています。
只、今回亡くなった兄と、三男と三女は父違い。
保険金は受け取り人が独占できるのか?定期を引き出すのに、異父兄弟も含め 署名捺印が必要か?遺産の分配の割合はいかほどか?をお伺いしたい次第です。厚かましいですが 何卒、よろしくお願いいたします。

質問者きのこ さん 質問日2010年1月8日

弁護士の回答

MAEDA YASUYUKI法律事務所
専門家MAEDA YASUYUKI法律事務所
回答日2010年1月8日

きのこ様 こんにちは。

保険金は受け取り人が独占できるのか?
独占できます。
保険金を受取人が取得することは,相続によって取得するのではなく,
保険契約に基づいて取得するからです。

定期を引き出すのに、異父兄弟も含め 署名捺印が必要か?
ここは少し難しいのですが,
法律上は,各自,自らの相続分割合に従って銀行に対して
預金の払戻請求が出来ます。
よって,他の相続人と足並みを揃える必要なく,署名捺印も不要です。
しかし,
実務上は,銀行が異父兄弟も含めて署名捺印を要求する扱いになって
いますので,全員の署名が必要です。
ただ,裁判をすれば銀行は負けてしまいますので,全員の署名が不要であることを
強く主張すると応じる銀行もあります。

遺産の分配の割合はいかほどか?
全血兄弟が各7分の2
半血兄弟が各7分の1
となります。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年1月18日

被相続人が契約し、受取人を指定している生命保険金は、相続財産とはならず、その受取人の固有の財産となります。但し、税法上は“みなし相続財産”とされ相続と同様の税金がかかります。
被相続人名義の預金は、相続財産ですからこれを引き出すには、全相続人の署名押印が必要です。
遺産配分の割合は、各兄弟姉妹均等です。
親が被相続人の場合、異父母兄弟姉妹は、相続分に差がありますが、兄弟が被相続人のときは、異父母兄弟姉妹の相続分は、差はなく均等です。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年1月10日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 保険金は契約上の受取人が受け取り、遺産分割協議の対象ではありません。
 預貯金の引き出しには異父兄弟を含め全員の署名、実印、印鑑証明が必要です。先に亡くなっている長男、及び三男の子供達(甥・姪)のものも必要です。
 相続分次のとおりです。
  長男の子:全員で1/4
  長  女:1/4
次  女:1/4
三男の子:全員で1/8 
   三 女:1/8

 税理士 高山秀三

税理士の回答

OAG税理士法人
専門家OAG税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2010年1月19日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

OAG税理士法人です。

保険金は、受取人となっている次女のものとなります。

定期の引き出しは、異父兄弟も含めた全員の署名捺印が必要と
なります。

相続の割合は、長男の子全員で2/8、三男の子全員で1/8、
長女2/8、次女2/8、三女1/8
となります。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口