みんなの相続Q&A - 遺産分割と遺留分放棄した愛人の子の関係について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£åˆ†å‰²ã¨éºç•™åˆ†æ”¾æ£„した愛人の子の関係について

キーワード

相続 遺留分 遺産分割 遺言と遺言書 非嫡出子 遺留分の放棄 遺留分減殺請求 相続権と相続順位

相談窓口

遺産分割と遺留分放棄した愛人の子の関係について

父が亡くなり、母はすでにおりませんので法定相続人は長男である私と妹2人の計3人です。会社を経営していた父は後継者である私のために遺言で多くの財産を相続できるように配慮してくれました。しかし、その当時と違って会社はすでに事業から撤退し従業員はゼロで、残った多くの不動産を賃貸するだけの会社になっています。そのため、持ち分は兄弟仲良く3分の1ずつにしようと考えたのですが、実は父には生前愛人がおり、若気の至りで作った子供がいます。すでにこの愛人の子は遺留分放棄の手続きをしていますが、知り合いから、遺言どおり(+遺留分減殺請求分)にしないと愛人の子にも相続分が復活するのではないかと言われ心配しています。2人の妹にはもちろん遺留分減殺請求の手続きによって分割することにしていますが、この場合、妹たちの遺留分を上回る割合を妹たちにあげることはできるのでしょうか。そして、この場合に、愛人の子の相続権が復活してしまうということがあるのでしょうか

質問者すずらん さん 質問日2009年12月31日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2010年1月8日

遺留分の放棄は,相続の放棄ではありませんから,
相続権自体は愛人の子にも残っています。

本件では,どのような遺産があるのか明示されてい
ませんが,例えば,不動産や預金等の遺産の全てに
ついて,分割方法の指定があり,2人の妹さんが,
遺留分減殺して,代償金を請求するというだけの
場合,遺言の効力を否定して新たに分割協議をした
わけではありませんから,代償金の額を本来の額
より多めにすること自体は問題ないと思います。

問題は,分割内容自体を,遺言書と異なるものにし
てしまう場合です(遺言書では,甲不動産をAとあ
あるのをBに取得させるとか・・・)
この場合,遺言書に基づき,登記なり名義変更なり
できず,新たに,相続人である愛人の子もいれて遺
産分割協議書を作らなければなりません。

では,どうすればいいか,という話になりますが,
愛人の子によく説明して,相続しない旨の同意を
得るしかないのではないでしょうか。

どうしても同意を得られないということになれば,
一旦,遺言書に基づき分割をして,遺言と異なる
部分については贈与という形をとるという方法も
考えられます(ただし,贈与税の発生の問題があ
ります)。



個別の相談,依頼を検討の方は,ご連絡
下さい。
峰岸法律事務所
弁護士 峰岸泉
Tel. 03-3580-1415

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年1月12日

愛人の子に遺留分放棄の手続をしてもらったということですが、その子は父から認知されているのですか?
認知されていなければ、そもそも、相続権がないので、遺留分もなく放棄する必要もない故、認知されていることを前提として、お答えします。
放棄が復活するとすれば、放棄するにあたり、その人に錯誤があったときが考えられます。例えば、自分に、遺留分に相当するお金をやるとの遺言書があるのを知らなかったときです。
あなたが遺言により相続した分から妹達に遺言よりも或いは遺留分よりも、多くあげるのは自由です。
遺言は、被相続人の最終意思ですから尊重しなければいけませんが、相続人全員が遺言と異なる分割に異議なく同意すれば、これも自由意思によってそうしたのですから適法です。(法的には、一旦取得した権利の処分と考えられます。)このことによって、愛人の子の相続権が復活することはありません。
もともと、その人は相続権がある、ただ、遺留分減殺請求権を放棄したにすぎないのです。
ですから、被相続人に負債があれば、その人はこれを負担する義務があります。

弁護士 山城 昌巳

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口