みんなの相続Q&A - 行方不明の父の死亡を知る方法

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > è¡Œæ–¹ä¸æ˜Žã®çˆ¶ã®æ­»äº¡ã‚’知る方法

キーワード

相続 遺産分割 手続き 相続財産 行方不明・失踪宣告

行方不明の父の死亡を知る方法

行方不明の父の死亡を知る方法を知りたいのですが、
例えば、相続人の居場所などが明らかでないときは、家庭裁判所で相続財産は法人とされる手続きがされるようですが、相続人の内1人でも欠けているとこの手続きが行われるのでしょうか?
現在両親は離婚し、父は住所も判らず、女性と同棲しているのは明らかですが、再婚をしているかも判りません。
父も高齢ですので、何時亡くなってもおかしくはない状況で、もしも死亡したとしても、私のところへは意図的に連絡をよこさないと思われます。
しかし、遺産分割をする場合に相続人全員の承諾が必要ですし、このような場合に相続人の居場所が判明できないという事で、冒頭の法人財産となる手続きをし、相続人を探す公告という形がとられるのではないかと考えられます。
もしもそのようになった場合に、一般の人は官報などそんなものを見ることはなく、他に死亡を知る方法はあるのでしょうか?

質問者maroko さん 質問日2009年12月23日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年12月24日

亡くなっているかどうかは,戸籍を追って行けば
判明することではないでしょうか。

「相続人の居場所などが明らかでないときは,家庭
裁判所で相続財産は法人とされる手続きがされる」
とありますが,そのような手続はされません。
「相続人を探す公告」自体もありません。

相続財産管理の手続きと混乱しているのでは
ないでしょうか。

行方不明者については,不在者の財産管理人を
選任して,遺産分割協議をすればいいだけです。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年12月25日

相続財産が法人となるのは、相続人が不存在のときです。1人でも存在していれば、不存在ではなく、相続財産は、法人となりません。
父の死亡を知る方法としては、父の戸籍謄本を取れば分かることです。
相続人のうち、住所不明、連絡のとりようがないときは、利害関係人(他の相続人)が、家庭裁判所に不在者の財産管理人を選任するよう申立をし(民§25)、選任された管理人がその財産(相続財産)を管理します。そして、相続につき遺産分割協議をします。
但し、管理人が、遺産分割協議書に調印するには、家庭裁判所の許可を要します。(民§28)
そして、管理人は遺産分割によって取得した財産を管理(保管)することになりますが、そのままでは決着がつかないので、普通は、利害関係人が失踪宣告の申立をし(民§30)、その宣告が為されたとき、当人は死亡したとみなされ、相続が開始し、その相続人が(例えば、あなた)その財産を相続することになります。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年12月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 行方不明の方の消息・生死を知るには、現在判明している戸籍(戸籍の附表)から、順次に住所を手繰っていくことで現住所が把握できます。
 死亡されているときは、戸籍に記載されますので最新の戸籍謄本をお取になればわかります。
 死亡者が発見された場合で、住所移転の届出がなく、死亡も届けてないときは、方法がありませんが、事故等で死亡された方で住所等の身元が不明の場合は警察等で照会できると思います。
 これらの手続きをしても不明のときは、不明のときから7年経てば失踪宣告をしてもらい死亡したものとして相続手続きをすることができます。
 相続人が不明の場合で、上記の戸籍の附表等から現住所がわからないときは、相続人等から家庭裁判所に不在者財産管理人を特別代理人に指定して貰い、その人が遺産分割協議に参加することで遺産分割はできます。
 税理士 高山秀三

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続人に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する