みんなの相続Q&A - 遺産相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£ç›¸ç¶š

キーワード

相続 贈与・生前贈与 遺産分割 特別受益 相続財産

遺産相続

自分は2人兄弟で、母親のみです。このたび住宅取得のため生前贈与で2000万、親に出してもらった場合、相続のときに他に財産がないとするならば、1000万兄弟に支払う義務があるのでしょうか。自分は母親と同居しています。もちろん請求されても、余裕はないのでどうすればいいでしょうか。

質問者みっちゃん さん 質問日2009年12月17日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年12月17日

生前贈与2000万円を遺留分に基づいて減殺し
ても500万円です。

特別受益は,相続財産の具体的相続分の計算
のためものですから,受けた贈与を返還させ
るものではありません。

いずれにしても,1000万円支払う義務は生じ
ないことになります。

住宅取得のための生前贈与が,母親との同居を
前提としているなら,実質的な特別受益金額は
2000万円ではないと主張することになるのかと
思います。
可能であれば,その兄弟の方に遺留分の放棄を
してもらう方法もあります。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年12月18日

生計の資本として贈与されたものは、相続に関しては特別受益となり、相続財産とされます。(民§903)したがって、他に財産がないとすると、おっしゃるとおり1000万円は1/2の相続分を有する兄または弟に支払わなければなりません。
但し、その贈与は、母と同居し、生計を共にしていれば、母自身の為にも必要なことなので2000万円全額を贈与されたとも言えない部分があります。(その部分を金銭的確定することは難しいことですが)
どうすれば?とのことですが、その点を兄弟とよく話し合って、あなたが支払える範囲で納得してもらうか、それが出来ないときは、母名義で住宅を取得しておくというのも1つの方法です。そうすると、その家が相続財産となるので、相続のとき兄弟はその1/2を共有することになりますが、母に、あなたに全部相続させるとの遺言書を書いて貰えば、兄弟は1/4の遺留分しか請求できなくなります。
しかも、あなたが住んでおり、且つその権利もあるので、出て行けとは言えません。

弁護士 山城 昌巳

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年12月19日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

住宅取得のための生前贈与は特別受益として
扱われるものかと思われます。

相続人に対して特別受益として与えられた贈与は、
相続分の前渡し的な性質を有するものであるため
遺留分算定の基礎となる財産に含まれます。
従って、他に財産がない場合において、
遺留分減殺請求を受けた場合、基本的に500万円の
支払い義務等が生じるものかと思われます。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

生前贈与に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する