みんなの相続Q&A - 相続で一度承認した後の新たな債務もしくは財産についての疑問です。

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šã§ä¸€åº¦æ‰¿èªã—た後の新たな債務もしくは財産についての疑問です。

キーワード

相続 遺産分割 時効 相続放棄 限定承認 負債・借金 相続財産 遺産相続の割合

相続で一度承認した後の新たな債務もしくは財産についての疑問です。

解りにくい長い質問ですみませんが、宜しくおねがいします。
死んでから何もしないで3ヶ月経った後に債務の請求が来た場合は、その請求の時点から3ヶ月以内に承認・放棄をすれば良いということですが、

① もしも、遺産分割しそれぞれが財産を処分などして形を変え、増減している状況で、熟慮期間を過ぎてから、ワザと放棄出来ないように膨大な請求が来た場合。相続財産よりも明らかにマイナスで知っていれば放棄のハズでも更に3ヶ月の猶予はあるのでしょうか?一度承認・放棄をした場合はたとえ熟慮期間であっても撤回はできないというし…。
そして、結論が支払わなければならないと仮定した場合に、例えば3人で分け、Aは既に使い切って無資力、Bは売却はしたが、そのまま現金として残っている、Cは売却した金で投資をして増額となっており、3人足すと債務は十分支払える場合に、債務は法定相続で分けるが、無資力の場合の負担部分はあるのでしょうか?


② また逆の場合で、債務が多そうなので限定承認の申し立てをしてみたらやはりマイナスだった。範囲内で清算し終えてしばらく経った後にプラスの財産(リゾート地等)が判明した場合の財産の行方はどうなりますか?本来なら債務に少しは当てている状況として…。

あくまでも法律上、机上ではどうなるのかという事で、現実なら新たに出てきた財産は普通は公にしないよ…とは言わないでくださいね。
質問が多くて申し訳ありませんが解らなくて困っています。是非宜しくお願いします。

質問者まんまる さん 質問日2009年12月16日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年12月18日

①被相続人が死亡したことは知っていたが、多額の負債があることを知らなかったので、相続放棄しなかったところ、3ヶ月以上経って、負債があったことが判明した場合、その知らなかったことに相続人らに過失がなかったときは、相続放棄できるという最高裁の判例があります。
但し、放棄した場合、相続で取得したものは不当利得となるので、その分は債権者に支払わねばならないでしょう。
それは、相続人の現有資産とは関係なく、相続したときの相続資産の価格です。したがって、Aが現在無資力とかCは増額しているとかは関係ありません。

②限定承認し、精算し終えた後にプラスの相続財産が出てきた場合、それは相続人の共有財産となり(相続時にそうなる)その結果、先の精算は未了だったことになります。
当該財産を換価して、債務を支払うことになります。
限定承認ですから余りがあれば、これを相続することになります。

弁護士 山城 昌巳

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

債務に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する