みんなの相続Q&A - これは贈与認定されるか?

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ã“れは贈与認定されるか?

キーワード

相続 成年後見人・任意後見人 手続き 相続財産 贈与・生前贈与 銀行預金 相続登記

これは贈与認定されるか?

両親が認知症のため、一人息子である私が成年後見人となっています。(登記済み)

被後見人名義の口座は、後見人としての手続きを金融機関にはすましております。

しかし、金利のないに等しい普通預金に多額の預金があるため、少しでも有利な金利を求めて、ネット定期預金(元本保証)を被後見人の口座名義で開設しようとしましたが、本人確認上の諸手続の問題により、ネットでの口座開設は無理との見解があるようです。

そこで、被後見人の預金を、「預かり金」として後見人である私の名義にてネットバンクを利用して運用した場合、「贈与認定」されるリスクはあるでしょうか?

もちろん、その預金の授受は明確にし、元本及び利息には一切手をつけず、いずれ、相続の時点では、当然に相続財産として申告します。

よろしくご教示ください。

しかし、銀行の対応にはまいります。

質問者困りました君 さん 質問日2009年12月15日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年12月15日

そもそも,被後見人が後見人に勝手に贈与できない
ので,その分,贈与認定のリスクは少ないかも知れ
ません。

ただ,話は変わりますが

預り金の定期預金化は,後見人の肩書きでするので
はないとすると,後見人と被後見人の間に債権債務
を生じさせる一種の資金の運用契約みたいなものに
なり,利益相反の問題にもなります。

被後見人の財産と後見人の財産が不分明となる危険
もあります。

裁判所に聞いたら,止めなさいと言われるのでは?

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年12月18日

そんな、面倒なことをしなくても、「被後見人○○、成年後見人△△」名義で口座は作れる筈です。(○○は被後見人の名前、△△はあなたの名前)預り金というのは、被後見人があなたに預けたということですが、同人はそんな意思表示は出来ないのです。だから、後見人が代わって意思表示をするのですから。
仮に、預り金とした場合、それは贈与とはなりません。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年12月15日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 贈与は契約ですから、貴方の単独意思で貴方の名義にしても贈与とは認定されないでしょう。名義変更についてご両親の同意があるときは贈与となりましょう。
 ただし、その前に後見人の行為は財産の保全、注意管理義務に目的が置かれているものと思いますので、相続人の名義にしてまで積極的に運用することにはなじまないようにも思えます。
 税理士 高山秀三

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

被後見人に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する