みんなの相続Q&A - 既に名義変更した現金の相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æ—¢ã«åç¾©å¤‰æ›´ã—た現金の相続について

キーワード

相続 遺産分割 遺産分割協議 不動産の相続 贈与・生前贈与 銀行預金

既に名義変更した現金の相続について

数年前に父が亡くなりました。(母は既に他界しています)
相続人の子供は3人いるのですが(ABCとします)預金を全て、とりあえず実家を守っているAの名義に変更しました。(その時に3人の捺印等をしています)
ただ、この時に海外勤務のBの証明にかなり手間がかかったので、正式な分割協議はBが日本勤務になってから、という事にしました。(相続財産は家と土地が2000万円程度の評価額、現金が2000万円程度で相続税がかからない範囲という事もありました)

そのBが来年日本勤務になる事になり、そろそろ具体的な話をしようという事になったのですが、裕福なBは遺産放棄、家を守っているAが家と土地と現金1000万円、Cが現金1000万円という事になりそうです。(特に金額等で揉めてはいません)

きちんとした遺産分割協議書は作るつもりですが、この場合、一度Aの名義にかえた預金をCに渡す場合、相続財産として認められるでしょうか?
それともAの名義に変えてしまったのでAからCへの贈与と見なされるでしょうか?


質問者かず さん 質問日2009年12月10日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年12月11日

被相続人の預金を、共同相続人(A、B、C)のうち、A単独名義にしたけれど、それは、A独りが相続したということではなく、Bが日本に帰ってくるまで暫定的にAが管理するということですから、その預金は、依然として相続財産です。
Bが相続放棄するのは自由ですが、放棄の法定期限を過ぎているので、自己の相続分を取得しないことにするしかなく、それは、ABC間の遺産分割協議書にそのように書くことになります。
AとCの法定相続分は、各1/2ですが、あなたが了承すれば、Aが不動産と預金の1/2を取得するとの分割協議は成立します。それは、AからCへの贈与ではなく遺産分割であって、相続による取得です。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年12月11日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

数年前にAの名義にしたときは、遺産分割協議書によって相続したのと同じく各相続人の戸籍謄本、署名、印鑑証明(サイン証明)、実印の押印(サイン)、A変更することについての同意確約書(金融機関の手続き書面の中の文言)を提出していますので、管理処分権は完全にAに移っており、それから数年経っていますので、贈与と見るのが普通でしょう。
 Aが遺言執行者でもありませんし、将来遺産分割協議までのAの預かりであるという書面もないときは、内面の契約を主張するだけでは未分割状態であったことを主張し理解してもらうのは難しいでしょう。
 数年前にご相談されなかったのが悔やまれます。
 税理士 高山秀三

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年12月13日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

遺産分割前に相続人代表者名義に名義変更した
被相続人の預貯金についてですが、
相続財産と考えるのが妥当かと思われます。

従って、今後遺産分割協議を行い、その結果、
AからCへと財産が移動する形となっても
一時的に預貯金をA名義とした事実と
遺産分割協議書があれば贈与による取得として
ではなく相続による取得として考えるのが
妥当ではないでしょうか。

税理士の回答

OAG税理士法人
専門家OAG税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2009年12月15日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

OAG税理士法人です。

金融機関で名義を変更されたまま、数年経過しているとのお話ですので、
実質的には分割協議をされたのと同じ効果が発生していると思われます。
仮に金融機関での手続きが分割協議であったとされた場合は、
その後に動かした預金1000万円は、AからCへの贈与とみなされてしまいます。

ただし、相続人全員が金融機関の手続きは便宜的なものであり
分割協議は別途なさるつもりであったのであれば、
これから分割協議書を作成して預金を分けることも、不可能ではないと思われます。

なお、分割協議書を作成する際には、
「預金はAが全部取得するが、その代償として、AはCに1000万円支払う」
という表現を使用していただくと、
実際の金銭の流れとの整合性も取れるかと思われます。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

名義に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する