みんなの相続Q&A - 墓の継承

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å¢“の継承

キーワード

相続 遺言と遺言書 手続き 公正証書遺言 成年後見人・任意後見人

墓の継承

母の相続の相談です。父は亡くなり、母には3人の子がいます。
母に認知傾向が出だした、1年前に次男である私を後見人とする任意後見契約を結び、同時に公正証書遺言を作成しました。
そのときに、墓の継承については記載しなかったのですが、将来もめるといけないので、書面に残したいといっています。公正証書遺言は書き直さずに、墓のことのみ自筆の遺言書にするということはできるのでしょうか?
また、まだ後見制度は開始していませんが、今後開始したのち、後見人の私に無断で遺言が書き換えられた場合、その遺言の効力はどうなりますか?

質問者次男 さん 質問日2009年12月1日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年6月14日

公正証書遺言書の他に、自筆遺言書を作ることは自由です。公正証書による遺言書は、検認手続を要しないという点で、他の方式による遺言書とは異なるのですが、遺言の効力に優劣はありません。
遺言書は複数あっても良いのですが、内容が抵触する事項については、新しい方の遺言書が優先します。
後見制度が開始されたということは、被後見人に事理弁識能力が無くなったということですから、本人が作成した遺言書は、効力がないということになります。また、後見人は、本人に代わって遺言書を作ることは出来ません。
遺言書の方式として日付が記載されてないと無効となるのは、その日付に、本人に事理弁識能力があったかどうかを判断する為に重要だからです。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

薬袋税理士事務所
専門家薬袋税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年12月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

次男さん、こんにちは。
遺言書の形態として、公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言がありますが、その作成方法と成立のための要件、法的執行の際の利便性が異なるだけでどれも遺言書です。また遺言書は新しく作成されたものが効力を持ちますが、それは前回作成した遺言書と異なる内容の指定をしたその部分のみです。今回墓守に関する遺言書のみを作成すれば、前回の遺言書の内容はそのまま活かされ、墓守部分のみが有効となります。
後見人制度が開始すれば尚のことですが、この制度前でもご本人の健康状態により成立しないこともあります。細かく言えば担当医師の立会いの下正常な状態な診断書を発行してもらうこともありますが、生前に母が子供達の前で口頭でしてもらい、その上で書面に残せば法的効力云々は抜きにして子供達は納得するという考え方もあります。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

公正証書遺言に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する