みんなの相続Q&A - 土地と建物の相続放棄について教えてください。

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > åœŸåœ°ã¨å»ºç‰©ã®ç›¸ç¶šæ”¾æ£„について教えてください。

キーワード

相続 不動産の相続 相続放棄 固定資産税 名義変更 土地の名義変更

土地と建物の相続放棄について教えてください。

現在、母名義の土地に、
父母二人の名義のビルが建っています。

ビルは両隣の方(個人)と共同で30年程前に建てられたもので、名義は3軒で別々ですが、単独でビルを壊すことはできない構造になっています。

子供は、私と妹の2人姉妹で共に他家に嫁いでおり、離れて暮らしておりますので、将来父母が亡くなると、固定資産の支払いやビルの管理といったことを考えると、相続放棄について考えるようになりました。

例えば、ビルの名義を全て父の名義にして、父が亡くなったら相続放棄をして、土地のみを、母が亡くなったら相続するようなことは可能なのでしょうか?
宜しくお願いします。

質問者yuki さん 質問日2009年11月28日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年12月1日

ビルの名義を全て父の名義にすること、父が亡くなったらその相続を放棄すること、母が亡くなったら土地のみを相続すること、いずれも可能です。
しかしながら、ビルの相続を放棄するとは、母を含めて相続人全員が放棄するということであれば、そのビルは父の兄弟とか祖父母がいればその人が相続します。相続人が不存在の場合は、国庫に帰属することになります。
また、ビルを全て父名義にするということは、その所有権者を父にするということであって、贈与税がかかってきます。
以上のとおり、単純にしようとしても、かえってややこしくなります。

弁護士 山城 昌巳

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年11月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

yuki様のご相談の件ですが、
ご両親様にプラスの財産以上の借金がないのであれば
相続放棄は考えない方がよろしいのではないでしょうか?
確かに固定資産税の支払いや管理の手間は
あるかと思います。

しかし、もし建物を賃貸に供されているのであれば
収支の状況等を把握した上で判断すれば
よろしいかと思いますし、管理についても
費用がかかりますが不動産会社に依頼することもできます。

ビルは区分登記されたものかと思いますが、
他のビルの権利者に売却するのも一つの方法ですし、
逆に他の権利者から購入して将来土地と
ビル一棟をまとめて売却することも可能かと思います。

まだご両親様はご健在とのことですので
せっかくの財産ですからじっくりご検討された方が
よろしいのではないでしょうか。

税理士の回答

薬袋税理士事務所
専門家薬袋税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年12月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

yukiさん、こんにちは。
このビルはいわゆる共同ビルという形態で建物所有者は相互に自分の土地部分と他人の土地部分にかかるように建物を所有しているのでしょう。土地の提供面積割合と建物の所有割合が大体同等なのでお互い借地権としてみないという考え方です。共同ビルに関する何らかの合意文章はないでしょうか。勝手に売り買いは出来ないようになっている気がします。また仮にお父様に名義を寄せて相続放棄した場合、後順位の相続人が放棄しなければその建物はその方の物になりますので、何らかのトラブルが起きなければいいですが。売却する際は基本的に土地と建物をセットで共同所有者に買ってもらうなどが現実的かと思います。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続放棄に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する