みんなの相続Q&A - 保険金の相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ä¿é™ºé‡‘の相続

キーワード

生命保険金・各種保険等 贈与税

保険金の相続

生命保険金は基本的に相続対象ではありませんが、被相続人に対して、相続人であるAが保険を掛け(掛け金はAが全額事前払い済み)、Bが受取人となっていた場合、AはBに対して、掛け金分だけでも要求できるのでしょうか。

質問者佐藤 直文 さん 質問日2008年5月30日

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年5月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

ご存知かと思いますが、受取人以外の者(A)
が保険料を負担し、その被保険者が死亡して支払われる保険金を保険料負担者以外の者(B)が受け取ったときは、その保険金は(A)から(B)に贈与したことになり,贈与税の課税対象になりますます。
 事情はわかりませんが、保険の掛金を(B)に請求するというのはどうしてでしょうか。もし請求して受け取ったときは新たに(B)から(A)への贈与となり、基礎控除110万円を超えれば贈与税が(A)に課税されます。

行政書士の回答

行政書士オフィスぽらいと
専門家行政書士オフィスぽらいと(過去掲載の専門家)
回答日2008年5月31日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは。行政書士の財間と申します。

普通は、被保険者と掛け金を支払う人がちがう場合、掛け金を支払う人が受取人になりますが、今回はちがう人が受取人になっていたのですね。

掛け金を支払った人にとっては、自分のお金でほかの人が得をしたという気持ちなのでしょう。

生命保険金は、受取人が指定されている場合は、受取人のモノになります。

Bさんがもらったモノを、一部でもAさんにあげることは、贈与となります。

贈与税を支払う覚悟で、掛け金分を要求することになります。

けっして要求できないわけではありません。

当事者同士の話し合いになります。ただし、贈与税の申告だけは忘れないでください。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

掛け金に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する